シリアン〜ラーとアンドロメダンが爬虫類のアジェンダをどのように終わらせたか(02/13/2021)SAM

Sirians~How RA & Andromedans Ended Reptilian Agenda (2021)


https://youtu.be/RbUUhuDL-mY
(いつもご自分のハートに共鳴する情報を識別して、ご自分の責任でお楽しみください💫)

* 火星の破壊を引き起こしたネガティブ指向のドラコとオリオン人から惑星を守るために、銀河・惑星連合が創設された経緯がわかります。そして今回の人類のアセンションの最終目標を、シリウス人が明らかにしてくれています。

「今日のチャネリングされたセッションでは、シリアン高等評議会は、人間が気づいていない歴史の一部をあなたに話します。 彼らは、ラー連合とアンドロメダンが銀河惑星連合を創設することによってレプティリアンをどのように阻止したかを教えてくれます。 これ(レプティリアン達)も火星を破壊しました。あなたに愛と光を送ります。」SAM

シリアン高等評議会のメッセージ:
私たちは一人の無限の創造者の愛と光の中であなた方に挨拶します。私たちはシリアン高等評議会です。今日私たちはあなた(あなた方)がレプティリアン・アジェンダ(議題)として知っているものと、火星の人口の破壊における惑星間種族の役割について、多くの質問があるのを感じています。

多くの火星人のソウルが地球と他の惑星に同様に輸送されたことを覚えておいてください。私たちは、あなたが私たちのメッセージを聞く前にあなたのマインドをクリアに保ち、メッセージを聞くときはあなたの識別を使うことを望みます。

約120万年前に、ドラコン(ドラコ)評議会があなたの太陽系にレプティリアンの遺伝子をユニバース中に広めるためにやってきました。その当時は私たちが今惑星連合として知っている評議会は存在していませんでした。

これらのドラコンとして知られている実体は、当時第4密度のネガティブ志向の存在でした。彼らはあなた方の種がいうドラゴンまたはトカゲにとてもよく似ています。彼らが元いた場所はオリオン座の星ですが、彼らはオリオン人ではなく、オリオン座の星で進化した亜種です。

さまざまな銀河に惑星を(訳註追記、俯瞰する)評議会がないため、ドラコン評議会はより多くの彼らのタイプのDNAをコスモス中に広げるために(容易に)惑星火星に入りました。彼らは後に同様に地球に侵略しましたが、今のところは火星についてのあなたの混乱をクリアにします。

これらの第4密度のドラコンは、あなたが今あなたの惑星で知っているものよりも遥かに優れた先進的なテクノロジーを持っていました。彼らはほとんどが自己奉仕志向の存在で、そして過度に攻撃的な性質を示します。

しかしこれは完全にファインで(問題なく)、創造者によって許されています。ネガティブな道はポジティブな道と同等に価値があると言えるかもしれません。ドラコンは火星人のハイブリッドを作り、あなたの言語でマーダコスと呼びました。ドラコンの顔で身体は火星人でした。

彼らは分子が優れた情報を持ち、そして火星で新しく制御する(機能する)ボディの設定をしました。同様に当時の火星で繁殖プログラムも設定しました。それによって火星上で大混乱を生み、多くの火星人はマーダコスのアジェンダ(議題)に同意せず、この激しい遺伝子の変化を生き延びるために火星に地下基地を作って後退しました。

ドラコンは当時加わったネガティブ志向の第5密度のオリオン実体の一部の助けで、他の火星人によって火星の内部に作られた地下基地の破壊を計画しました。しかしこの計画は裏目に出て二つの派閥の間の激しい戦争を引き起こしました。

一方は遺伝子を変えたくない元の火星人で、他方はドラコンと何人かのパワフルな第5密度のオリオン人でした。この結果、惑星火星の軸のシフトが起こり、それによって巨大な磁気爆発が火星表面で引き起こされました。

このためほとんどのドラコンは火星を離れました。一部は消滅し、そして一部のドラコンはまた地球に入りました。この出来事のため、金星人のラー連合は惑星連合が作られる必要があると感じました。

現在愛と光の第6密度存在であるラー連合は、当時第5密度の後の段階でした。従って、彼らもまた他の銀河の存在とコンタクトすることができました。ラー連合はアンドロメダン最高評議会に、銀河の様々な惑星を見渡す連合の創造に、一緒に参加することを求めました。

これにより、様々な密度でレッスンを学んでいる惑星種族への、望まれていない侵害を防ぎます。彼らが銀河連合または惑星連合を作った第一の目的は、コスモスに存在するさまざまな惑星で自由意志の侵害を防ぐことでした。 

このためラー連合とアンドロメダン最高評議会は、地球を含む様々な銀河の様々な惑星の全ての種族に連絡を取り、惑星連合の一部である彼らの惑星を代表するソウルまたは社会的記憶複合体を送るように求めました。

当時のあなたの惑星地球からは、地球の元の住人で第4密度意識に達した、またはあなたの言語で「啓発」された一部のソウルが惑星連合の一部になりました。この連合は、銀河の様々な惑星の守護者として、様々な惑星で進化する人々や存在への望まれない、そして不必要な侵害を防ぐために活動します。

爆発後の火星の破壊から生き残った数少ない火星人のソウルの中で、最も啓発された人が惑星連合の一部となりました。惑星連合は惑星火星の状況を塾考した後、火星人のソウルを地球に転送することを決定しました。それが居住可能であり、当時の地球上には、人間の種に元から属する僅かなソウルしかいなかったからです。

惑星連合は 地球の代表の承認を得ると、この機会を利用し元の人間または猿の遺伝子のコーディングを変更し、今あなたが持っている身体の創造に繋がる幾つかの変化を加えました。最初に(遺伝子を)変えられた人類の播種は約2700万年前でした。ルマニアンそしてアラニアンのような種がおよそ600万年前に地球に出現しました。異種交配が起こり、それにより遺伝的バリエーションが引き起こされていました。

分離の幻想を可能にするために、第3密度現実で最初の人類の播種が始まりました。この最終目標はアセンションのプロセスを第5密度の周波数に戻して、そして次のより高い密度に入ることを可能にすることでした。この時点で私たちの高等評議会、シリアン高等評議会は他の銀河間種族と共に惑星土星に席がある惑星連合に同様に加わりました。

惑星連合は今あなたの惑星と銀河の全ての他の惑星を守っています。そして一つの惑星の種族が、他の種族の進化に干渉することを許していません。ドラコンとレプティリアンと一部のオリオンの実体が、彼らのアジェンダをユニバースに広げるのを防ぐためにこれが特に必要とされます。

レプティリアン・ドラコンは(ネガティブな)別のアジェンダを持っていて、それは様々な惑星を征服し、それらの惑星の住人と異種交配してそれによってハイブリッド・レプティリアン種族を作ることです。

連合はこれを止めさせました。今は全ての実体はもし任意の惑星の住人に会いたい場合は、そこで連合の事前の許可が必要です。それなしで誰も様々な惑星の種族の進化のプロセスを侵害することを許されていません。

従ってこのセッションで、私たちは惑星火星がどのように住めなくなったのかについてのあなたの疑問が解消されたことを望みます。
今が愛と光をあなたのソウルに残すタイミングのようです。。

〜〜〜
🌟 「第3密度現実での人類の播種の最終目標は、アセンションのプロセスを第5密度の周波数に戻して、そして次のより高い密度に入ることを可能にすること」

🌟 惑星連合は今あなたの惑星と銀河の全ての他の惑星を守っています。そして一つの惑星の種族が、他の種族の進化に干渉することを許していません。ドラコンとレプティリアンと一部のオリオンの実体が、彼らのアジェンダをユニバースに広げるのを防ぐためにこれが特に必要とされます。

✴︎ 過去世で火星にいて、当時の戦闘の終結に動いたとラーによるチャネルで明らかにされていたトランプ氏がテキサスで、先ほど(現地時間07/11/2021に)大統領としてスピーチをしていました。会場はものすごくポジティブなエネルギーで盛り上がっていました。

✴︎ 私たち一人一人がポジティブなエネルギーを保ち増幅し続け、7/24の惑星連合によるチェックで良い評価が出て、さらなる進化の許可が出ますように💫

トランプ大統領の過去世についてはこちらから→http://eli6018.xsrv.jp/what-are-time-traveling-souls-past-lives-of-trump-how-higher-self-decides-life-lesson-2021-sam/

(引用はフリーですが、SAMさんのチャネルであることと、リンクの明記をお願いします😸)