アセンション状況のまとめ 8/31/2019


毎日新しいイベントが起こり、嬉しい驚きの中、どんどんアセンションが進んでいますので、進捗状況をまとめておきます。

1 惑星は恒星にアセンションする際に超新星爆発を起こして、全存在が消滅する。(今までの宇宙ではそういうことになっていた)

2 今回はこれまでに試みられなかった人間存在と惑星の、物質的に直接的な3Dから5Dへのアセンションが決定された。

3 具体的なアセンションの周波数と方法についての情報が守城佐恵子さんから出された。https://ameblo.jp/aena-sphere/

4 新しいマトリックス、(5D以上の真地球)の基本設定が、量子コンピューターを使って愛に基づいて進行中である。

5 アシュター通信では地球ホログラムの終了が2019年3月に通告され、すでに新しいホログラム映写機(大きなものは木星規模)が作成され地球に向けて照射が開始されている。(P1通信より)

6 アセンションに備えてDNAを活性化させるために、太陽からγ線が大量に降り注いでいる。(11月2018年)

7 アセンション過程をスムーズにするための周波数調整器、ライトワンドが発明され高い効果が検証され、光が結晶化した進化型ボディの化身「愛の叡智を持った生命体」とプログラムされた。(8/27/2019)

8 部分的に3D から5Dへの変換が瞬時に起こっている。(8/23/2019)

9  アシュターが地球での長い転生は終わり、故郷に回帰し光の結晶化ボディーになると伝えてきた。「炭素ベースの生物体から新しい結晶ベースの体への変換、この変換の光の中で物質性を溶解し、そして啓発された意識を物性に統合して一つにすることにより、純粋な光構造の体に完全に到達する」(8/27/2019)