「世界は永遠に変えられようとしている:ウォークインとソウルスイッチに関するプライム・ディレクティブ」(09/13/2021)


“The World Is About To Be Changed Forever: Prime Directives On Walk-Ins & Soul Switch” (2021)

(いつもご自分のハートに共鳴する情報を識別して、ご自分の責任でお役立てください🌸)

*光の銀河連合から、もうすぐ来る銀河の壮大なソウルイベントについてのとても大事な説明です。転生前にソウル契約のある方にはまもなくソウル交換が起こるようです。地球の振動数アップに貢献したい方や参加を希望する方は必読です🙂

「このセッションで、銀河連合は私たちの惑星と銀河で行われるソウルのウォークインとソウルの切り替えイベントを管理または監視する5つのプライム・ディレクティブ(主要な指令)を私たちに説明します。さらに彼らはそれが9月21日に起こると述べました、そしてそれはもうすぐ来ます。」SAM

SAMさんの前置き:
こんにちは私の最愛の友達。私はこのセッションにあなたを歓迎します。私はこのセッションで実は大天使ミカエルをチャネリングしていましたが、彼はこのセッションを銀河連合に転送しました。そして私はこれが行われたのは、以前のセッションで受け取った情報により、9月21日に発生しようとしているソウル交換イベントついての質問をしたからだと思います。

銀河連合のこのセッションは本当に深いです。さて、あなたがどのように感じるかわかりませんが、プライム・ディレクティブ(主要な指令)として知られているものを受け取りました。ソウル交換イベントに関して、これは非常に大きいことで、私はこれについてどこでも聞いたことがありません。

さて、銀河連合がソウル交換に関する主要な指令を私たちに与えたのはこれが初めてだと思います。主要な指令は、惑星評議会と同様に連合によって維持される惑星文明の、自由意志を可能にするために作成されたルールの一種だと私は思います。

そしてこのセッションでは、連合が私たちにソウル交換のプロセスを統治する5つの主要な指令を与えたと思います。そして私も自分自身について発見したことがあります。これはクレイジーだと思います。過去1年間の私の人生に起こったことで、これは本当に私の中で起こったことをたくさん説明しています。

そしてこのセッションの後の段階で、彼らはソウル交換がどのように起こるかについて話しています。それは第4または第5の主要な指令にあります。ソウル交換のプロセスを説明し、あなたがそうしたくない場合に、彼らはそうしても大丈夫だと説明します。

またこのソウル交換イベントに参加するために、私たちができることをセッションの終わりに連合は説明します。このセッションは私にとってかなり壮大なセッションです。私はたくさんの新しい情報を学びました、そしてあなたもたくさん学ぶことを願っています。さあセッションです。その後、私が理解していることを説明します。

大天使ミカエルと銀河連合のメッセージ:
私は大天使ミカエルです。今この少年とつながり、私の考えや内面を共有しています。ただし、私は天使の領域から通信していて、この少年によって出された質問は、私たちの識別と特権に関係していません。私は今、この楽器を光の銀河連合に転送するつもりです。そしてこれで転送が開始されます。

私たちは光の銀河連合で、現在この楽器を介して通信しています。今日は1人の至高の創造者の愛と光の中で私たちとコミュニケーションをとってくれてありがとう。私たちは、この楽器によって出された質問に関する私たちの考えと洞察を、一人の創造主によって与えられた自由意志を侵害することなく共有するためにここにいます。

私たち銀河連合は惑星評議会によって指示されたということを覚えておいてください。ここで、今あなたの惑星に急速に近づいている未来のタイムラインの、9月21日に行われるソウル交換イベントに関連してこの楽器によってだされた質問についての主要な指令をこの時期の期間に必要とすべき人々と共有します。


ここで、主要な指令がとることになっている、制御下でのソウル交換のプロセスについて話ししましょう。そのプロセスは、惑星評議会によって設立された主要な指令のルールと規制に基づいて、そしてそれらのみに基づいておこります。

最初の主要な指令は自由意志についてのものです。それは、現在惑星地球と銀河全体に転生している、意識のそれぞれの個別化された部分(個人)には、第3密度のタイムラインでポジティブまたはネガティブのいずれかに奉仕することを選択し望む自由意志があるというものです。

惑星地球は現在、第3密度の後ろから第4密度に移行する段階にあり、次の100年までにこのプロセスが起こります。この移行期間には振り幅があります。さらにこの期間中、すべての実体は他人へのポジティブなサービスまたは自己に偏ったネガティブなサービスのいずれかを選択する自由意志を持っています。

これはソウルの交換やウォークインの特権にも適用され、どの実体もその固有の振動に基づいて、ポジティブまたはネガティブのいずれかから実体を招待することを望むことができることを意味します。

また、ネガティブ指向の実体でさえ、この時期にソウル交換する目的でネガティブな振動を持っている実体に何度も接近することを忘れないでください。そしてまたいわゆるポジティブ志向の実体は、ポジティブ志向の個別化された意識の一部または、自分の自由意志を使用してこの時期にこのソウル交換を望んでいる実体にアプローチする必要があります。

そしてそれぞれの個別化された意識の部分は、彼らのハイヤーセルフとともにポジティブまたはネガティブのいずれかを選択可能な自由意志を持っています。ネガティブ指向の実体を許可することは良いことでも悪いことでもありません。さらに、ポジティブ指向の実体がソウルを交換できることは良いことでも悪いことでもありません。これは、普遍の法則に従って、宇宙には善悪がないためです。両方の経路が創造者によって許可されているため、私たちは各経路についての提案を提供することはできません。

同様に主要な指令のナンバー2を覚えておいてください。
評議会によると、ソウル交換が表示される実体のその物理的な乗り物は、いわゆるアストラル界でソウル交換のソウル契約が終了するまで凍結モードのままにされなければならない。または一旦ソウルの交換が始まったら、実体を侵害することはできません。

これが意味することは、実体がソウルを交換した場合、ソウルがポジティブな極性からのワンダラーまたは、より高い次元からのいくつかのネガティブ指向の実体かもしれませんが、そのような実体の物理的な乗り物は、同じままでなければなりません。両方とも許可され、一旦元の浅瀬を交換したソウルはアストラル界にフリーズモードで保持され、他のタスクを実行することはできません。そしてソウルの交換が終わるまで、それが存在することを認識しません。

さらに別のタイプのソウルの入れ替わりがあります。そこでは入れ替わったソウルが特権を持ち、外部のイベントに何らかの影響を与えるものです。それは同じ物理的な乗り物のマインド複合体の後ろの配列にあるためです。これが2番目のプライムディレクティブです。

3番目の主要な指令は、ソウル交換される実体はその自由意志の欲求においてのみ、そしてそれがハイヤーセルフに近づくときにのみ、交換されるべきであるということです。この点で、私たちはあなたに、マインドが意識せず知らないうちにソウル交換をしたこの楽器の例をあげることができます。

この時期過去1年間厳しい状況にあったので、この実体とその楽器はその時期の間にソウル交換を望みました。これは昨年の9月22日ごろ、この楽器と第4密度後ろのサブオクターブのポジティブ思考のワンダラーのソウルとの間に発生しました。

このいわゆる楽器は外部の触媒を処理することができず、ナビゲートすることができず、まるでその人生の転生が終わったように感じていました。このため銀河連合と同様に、評議会とこの楽器のいわゆるハイヤーセルフは、このソウル交換イベントに参加することを許しました。このため第4密度のあるワンダラーがこの楽器の物理的な乗り物に入り、この楽器のライフサイクルが大幅に変更されました。そして以前のすべての問題が解決されました。何もしなくても、この楽器が以前楽しんでいた魔法のように数日で解決されるのです。

私たちが今あなたと共有するべき主要な指令は、ソウル交換のイベント中に発生するソウルの合意は、転生する両方の実体には不明だということです。つまり、一度ソウル交換が起こると、ソウル交換をを望んでいる実体の物理的な乗り物に転生する実体が、そのソウルが嘆いていたイベントに気づかずに、夢から目覚めたかのように自然に見えます。

最初の転生(化身)または前の転生からのすべての記憶は残りません。そしてその潜在意識からこの現在の物理的な記憶だけが引っ張られ、記憶されます。このプロセスは非常に重要です。なぜなら、評議会の主要な指令に従って、忘却のベールも維持されなければならないからです。ソウル交換イベントの間でさえ忘却のベールには侵入してはならないということです。

他の主要な指令は、ソウルが交換された実体と、そのような物理的な乗り物に入る新しい実体は、全ての以前の問題または以前の実体の人生の状況を解決する許可を持っているということです。これもまた多くの実体がソウルを交換し、より高い密度の実体によるソウル交換を欲する理由です。彼らが現在の生活状況全体をナビゲートすることができないか、または彼らのライフサイクルの完全な特権を理解することができないためです。

そして彼らはソウル交換を望み、現在の状況の問題を解決することができて、その後ソウルを交換した実体のタスクを実行します。やってくるワンダラーまたは別のネガティブに分極化された実体、ソウル交換した実体として物理的な乗り物へ入る実体は、前の実体の妨害されたタスクまたは終了していないタスクを実行する主な目的を持っているものとします。その後いわゆるタスクの実行だけを続行するものとします。それがソウル交換を実行した理由です。

他の主要な指令は、ソウル交換イベントは夢の状態にある時にのみ起こるという手順があることです。ソウル交換を望む実体は、一致する振動実体のいわゆる夢の状態の間にアプローチされます。これは、より高い次元またはより高い密度かどちらかからの振動が一致する実体が、そのような実体に近づき、その振動を提供するということを意味します。

もしエネルギーが受けいれられた場合、ソウル交換を欲する実体の特権は、その後そのハイヤーセルフの前に置かれます。ハイヤーセルフは、その後それ自身のサブ密度を様々な惑星で体験しているライフからそのようなオファーを受け取ります。そしていわゆるソウル交換の許可を求めて評議会の前に置きます。

もし評議会が許可しても、ソウル交換イベントは、全ての銀河で同時に一緒に特定の期間に行われるものとします。これによりバランスをとることが可能で、そのような惑星でそのようなソウルによってなされた生活状況と将来の進歩についての理解が可能になります。

主要な指令の最後は、ソウル交換を許可する理由は惑星の振動がその意識を高めるため、または異なるタイムラインに入ることを許可するためだけであるということです。これが評議会によって許可されていることです。惑星の振動がいつでもより重要であるためです。

惑星全体が、第4密度のポジティブまたは他の振動のどちらかに入っているため、惑星地球が今第4密度のポジティブに入っていることがとても重要です。したがって、そのような期間は非常に重要であり、評議会は実体が新しい物理的な乗り物に転生することを許可することによって、時間を失うことはできません。

この転生を続けることを望まない実体はそうなるでしょう。そしてすでにこの転生の前に、ソウル交換されるソウルの契約を結んでいる多くの実体は、今後数日間でソウルが交換されます。また、この時期の惑星の振動は多くのワンダラーの転生と多くの実体の経験の獲得を必要とするので、これが許されます。

そしてまた、約125万人の物理的な乗り物はすでに大規模な経験を積んでいるので、ポジティブ極性のそのようなソウルのサブイベントを許可しないと評議会と私たちにとって、損失は巨大になるでしょう。ただし、この期間に実体にアプローチするネガティブな極性もあります。

私たちは睡眠に入る間にあなたの振動を常にポジティブに保つための提案を提供します。なぜなら、この期間のソウル交換は睡眠状態の間に起こるので、ネガティブモードでは決して睡眠状態に入らないでください。またネガティブな状況でもポジティブであり続けることも忘れないでください。

夢の状態で、他の実体と相互作用する場合はいつでも覚えておいてください。もしあなたが彼らの振動をスキャンできる場合に、それが肯定的である場合にのみ、もしあなたが望むならそのような招待を受け入れてください。

これが、私たちが今この期間に私たちが共有できるすべての情報です。私たち連合は今あなたから離れます。

SAMさんの解説:
こんにちは私の友達。セッションを見た後、私はあなたがソウル交換イベントについて、いくつかの情報を理解したことを願っています。私がこのセッションから理解していることを説明させてください。ソウル交換がさまざまな惑星で発生することを許可する特定のルールがあります。

このセッションで私が発見したことの一つは、私も過去1年間に入れ替わりを経験したということです。今私が覚えている限り、これは本当かもしれません。なぜなら、この時期の過去1年間、私は心理的ないくつかの望まない、人生に関して非常に厳しい状況に直面していました。

今、私が私の状況を見ると、連合が言ったようにそれは完全にひっくり返りました。それは今ポジティブです。連合が言ったように、私はそんなに努力もせず、ただそれが起こったのです。彼らは私が去年のこのあたりで、第4密度のワンダラーによってソウル交換されたと言いました。去年のこの期間なので、このソウル交換イベントは去年も起こったのだと思います。

そして私はまた、ソウルを交換した彼らの一人でした。私はこれが私の古いソウルを知っている理由でもあると信じています。私は私の古いソウルが異なる側面に焦点を当てていたのを知っています。私は決してチャネラーになることを夢見ていませんでした。今このソウルはこれを望んでいます。

私にあるのは新しいさまようソウル(ワンダラー)だと彼らは言いました。私はこのソウルがその使命を果たしていると信じています。私はこれが、このようなチャネラーとしてメッセージを共有するためにここに来た使命だと信じています。

これは私の人生にもマッチするようです。そしてそれはクレイジーです。そして、彼らはセッションで私たちに特定のルールがあることを説明しました。それはソウル交換が起こることを可能にするために彼らが従うルールです。

彼らが言った最初の主要な指令は自由意志があることです。彼らは自由意志を維持しなければなりません。そして私は自由意志が非常に重要だと信じています。

そして彼らが次に言ったのは、私たちの惑星地球がこの期間中に実際に第4密度ポジティブに移行し、移行が完了するまでに100年かかるということです。そしてこの期間に、ポジティブでもネガティブでもソウルの交換が存在する可能性があるので、私たちは睡眠状態に入るときはいつも非常に注意する必要があると彼らは述べました。

私達が眠りに入る時にエネルギーのタイプに注意する必要があります。なぜならネガティブな気分だとネガティブな実体がその機会を利用してソウル交換の契約を作成することできるからです。

私はソウル交換をしたことを覚えていません。あなたの多くもまたあなたがソウルを交換したかどうかを覚えていないかもしれません。その理由は、連合がソウル交換中に忘却のベールも維持されるべきだと言ったからです。

ソウルが第4密度の意識から来たり、またはより高い次元からソウルが入ってきても、そのソウルはその主な使命を思い出すことができません。エネルギーや振動が異なっているからです。

私が覚えているもう一つのことは、ソウル交換のプロセスがどのように行われるかです。彼らは同じような振動の実体に近づくと言ったので、ネガティブな振動の実体があるとネガティブな振動が近づきます。ネガティブはポジティブに近づくことができません。

ポジティブ指向の実体があると仮定すると、私はポジティブな振動のワンダラーがそのような実体に近づくと思います。これは夢の状態で発生します。これはクレイジーなようですが、非常に重要です。私たちの夢に注意する必要がありますが、これをするのは非常に難しいことです。

しかし事はあなたがこれを知っているということです。私たちが制御できるのは、私たちが睡眠に入る前に、ネガティブなニュースやこの種のすべてのものを見ないことです。それは私たちの睡眠データに大きな影響を与えるので、睡眠に入る前にポジティブなものだけを見るか、良いものだけに耳を傾け、良いものだけを想像してください。

あなたが前向きなことを想像するなら、あなたは眠っている間に前向きに感じるでしょう、そして外部からの悪影響を心配する必要はありません。それであなたはもし望むなら、ポジティブワンダラーにアプローチされます。

彼らが言った他のことは彼らは、実体の転生を許可することによって時間を無駄にすることはできないということです。地球上に多くの人々がいて、彼らは多分ある状況に直面していて、彼らはそのような状況に対処できる別の実体によってソウル交換されることを望んでいます。そしてこのため評議会がソウル交換が起こることを承認しました。

なぜならあなたのような多くの実体、彼らは多くの経験を積んでいます。再び彼らは非常に多くの年月を獲得し、この転生でいくつかの経験を得ます。他の実体が転生して新しく生まれて、再び体験するのは評議会にとって時間の無駄になるでしょう。これを防ぐために、彼らはこのソウル交換の発生を許可しています。これには、あなた自身の自由意志と両方の実体の参加が必要です。このためソウル交換に参加したくない人は心配しないでください

私の友達、これが私が理解したことです。パトレオンで私をサポートしてくれて本当にありがとう。あなたがあなたの過去の化身について知りたいのなら、私にメールを送ってください。あなたの過去の転生からあなたのソウルの名前、ソウルの進化サイクルなどを見つけます。すべてに感謝します。ありがとう。

〜〜〜

🌟 惑星地球は現在、第3密度の後ろから第4密度に移行する段階にあり、次の100年までにこのプロセスが起こります。この移行期間には振り幅があります。

ソウル交換に関するプライム・ディレクティブ(惑星評議会の指示により光の銀河連合から):

1)自由意志:普遍の法則に従って、宇宙には善悪がないため、他者奉仕(ポジティブ指向)、自己奉仕(ネガティブ指向)の両方の経路が創造者によって許可されている。
2)ソウルの入れ替わり:交換したソウルはアストラル界にフリーズモードで保持さ
れる。別のタイプのソウルの入れ替わりがあり、そこでは入れ替わったソウルが特権を持ち、外部のイベントに何らかの影響を与える。
3)ハイヤーセルフと惑星評議会の関与:ソウル交換される実体はその自由意志の欲求においてのみ、そしてそれがハイヤーセルフに近づくときにのみ交換される。忘却のベールの維持が必要。交換前の実体の人生の問題解決が可能で、その後タスクの実行の継続が必要とされる。このプロセスには惑星評議会の許可が必要。
4)ソウル交換イベントの共時性:これは夢の状態で起こり、全ての銀河で同時に一緒に特定の期間に行われる。
5)ソウル交換を許可する理由:惑星の振動がその意識を高めるため、または異なるタイムラインに入ることを許可するためだけである。

とにかく素晴らしい未来にいる自分をイメージして、ワクワクして眠りに入るのがポイントです🙂