イエスのはりつけと復活について プレアデス(04/04/2021)
SAM

〜イエスのはりつけと復活について〜 プレアデス (04/04/2021)

Patreonに投稿されたSAMさんのチャネル動画の文字起こしです。

〜ここから文字起こし〜

セッションの前置き:
みなさんこんにちは、今日のセッションはプレアデス人とチャネルします。私は彼らにジーザスの復活と磔のイベントについて尋ねました。なぜなら今日はイースターの週末だからです。
そして私はみなさん全てにハッピーなイースターを祈ります。
私は今このセッションを終えたばかりです。私がこのセッションで学んだことを少し話させてください。私はご存知のように、セッション中に彼らが述べていることをお伝えしています。

ジーザスが来たとき、ネガティブな存在達がいて、ジーザスに彼のメッセージを共有させたくなかったのです。みなさん、これはいつも起こっています。誰かがポジティブでいる時は、いつもネガティブな存在がそんな人を止めようとします。私も同様に私の人生でそれを感じました。あなた方の多くの方々も以前のビデオでコメントしてくれました。どんなふうに闇の力が光を止めようとしたかについて。。同じようなことがとても極端な方法でジーザスに起こりました。

なぜなら当時は現在の地球にある、外からのどんな存在も惑星評議課会または銀河連合の許可なしに来れないような、検疫のようなものがありませんでした。そして、さかのぼってジーザス・クライストの頃は、検疫がありませんでした。それで全ての存在が宇宙から来ていて、私が思うんですが、そのためにこんなにもたくさんの神が当時からいる理由がこれだと。。

今はそんなにたくさんはいませんが、当時は検疫がなかったので、そんなにたくさんの外の世界の存在が、これらのより高度な存在がメッセージを共有するために地球に来ていたのです。
そしてそれが彼らの多くが神になった方法です。なぜなら彼らは高度に進化していて、より多くの意識のパワーを持っていたからです。

ではビデオをかけましょう。セッションは非常に興味深いです。
ビデオを見てくださって本当にありがとう。
ではまた。(SAM)


セッション開始:

私たちはプレアデス人です。愛と一なる至高の創造主の光の中でご挨拶します。私たちの洞察のシェアを始める前に、私たちはあなたが私たちのメッセージを聞くときに、あなたの識別を使うように警告しようと思います。なぜならば、あなたの自由意志が最も尊いものなので、私たちはそれを保存する必要があるからです。

この楽器(SAMのこと)は今日、私たちが彼を通して話をするときに、脇に出ていることに同意しています。そして今日この楽器は、あなた方の種がナザレのジーザスとして知っている存在について、その磔と復活の間に起きた真実の出来事を理解することを望んでいます。彼はあなたの惑星に第4密度意識から当時の時空間に来た、シリウス星系出身の社会記憶複合体でした。

しかしこのレベルの第4密度では、社会記憶複合体(ソーシャル・メモリー・コンプレックス)が合体するので名前の必要がありませんでした。それで、今ナザレのイエスと呼ばれている存在は、この名前がない社会記憶複合体の一部でした。この存在は現在第5密度意識にいて、知恵のレッスンを学んでいます。

当時、最も純粋な形の愛と光を共有するために地球に来る存在にとって、これは危険なミッションでした。というのも(現在)入っている愛の光は、あなたの惑星で以前より早く広がっているからです。今日私たちがあなたに話そうとしている出来事は、あなた方の時空間にこの存在がいた時代に起こりました。

私たちはまた、この楽器がメタトロン磁気意識と行った以前のセッションで明確に表れたように、この存在のソウルの進化を感じられます。それで私たちはこれ以上のコメントの必要性がないと見ています。

私たちはあなた方に明らかにされていないこれらの洞察を、あなたのマインド・ボディ・スピリット複合体にある自由意志を念頭に置きながら共有します。 

ナザレのジーザスとして知られているこの存在は、シリウス星系出身のため病気の存在のヒーリングを行うことができました。シリウス人は信じられないような360度の(素晴らしい)、物理的乗り物(肉体)のヒーリングのスペシャリストでした。それでこの存在は、この神の繋がりのために天性のヒーリングの特質を持っていました。

この存在はその神の源を理解し、無限の意識と繋がった後に、これらのパワーを活性化できました。それはあなた方の種の人々に奇跡と考えられています。それは病人を癒やし、嵐を穏やかにし、ほとんど死にかけた人々さえ治すという曲解を含んでいます。

当時の時空間のあなたの惑星では、神の愛の光を共有するこの存在のことを、愛の光の自由な共有を嫌ったいわゆるオリオン人達や彼らの配下のレプティリアン達は、好ましく思いませんでした。

ネガティブ志向のオリオン人やレプティリアンヒューマノイドの主な目的は、これらの惑星のサイクルをネガティブな自己奉仕のアジェンダに向けることでした。しかしながらこの存在がやってきて、この無限の意識の純粋な共有により、サイクルがポジティブに変化し始めました。

その時空間で、オリオン存在や多くのユダヤ人のリーダーと入れ代わったシェイプシフトするレプティリアンの影響下にあった、一部のユダヤ人の教師やリーダーは、この存在が行なっていたことが気にいりませんでした。彼らはこの存在により共有されている愛と光に反対することにより、ネガティブな歪みを作り始めました。

これらのユダヤのリーダー達にシェイプシフトしているヒューマノイド・レプティリアン達は、彼らの権威による命令に従うその人間の配下に、この存在をその時空間から追放するため逮捕するように指示しました。これはまたあなた方の振動音声複合体の言葉で、ユダとして知られる存在によって促進されました。彼はお金の利益と引き換えに、ナザレのジーザスとして知られる人間の正体を明らかにしました。

これによりこのジーザスとして知られる存在が、ネガティブに極性のあるレプティリアン・ヒューマノイドのコントロールのもとに捕らえられることになりました。これらのレプティリアン・ヒューマノイドは自立していなかったので、このとても神聖な存在をオリオン評議会の前につれて行きました。そして彼らはこの存在をネガティブな自己奉仕アジェンダの脅威であると決めました。

それを殺害して止めるべきだということで、このオリオン評議会はローマ人の兵士とレプティリアンシェイプシフターに彼の肉体を傷つけ、打ちのめすように命じました。さらにその存在にその血にまみれた、いわゆる敗れた服と敗れた頭冠を身に付けさせ、そして杉で作られたいわゆる十字架を、釘付けにされる山まで無理に運ばせました。

この山はスカル(骸骨)という振動音声複合体を与えられていました。(そういう名前で呼ばれていました)そしてレプティリアンの兵士はこの神の存在を十字架に釘で打ち付け、痛めつけて、彼は無限意識からの神の存在ではないと述べました。この時点でシリウス高等評議会は干渉したかったのです。しかし彼らは干渉することが、他者の自由意志を尊重しないネガティブに志向している存在達の歪み(になる)と理解していました。

ネガティブに志向している存在達は自由意志を終わらせ、全ての存在達をコントロールしたがります。シリウス高等評議会はこれを理解し干渉を中止し、そしてこの神の存在の磔の完了に干渉しませんでした。この存在のソウルはその肉体から離れ、そしてこの存在は許すことができたために、真っ直ぐに次の次元に進みました。

しかしそのミッションはまだ完了していませんでした。この神の存在の死の間、あなた方のヘクタースケールで マグニチュード9.1の地震があり、大地にショックを与えました.

ネガティブに志向している存在が地球で勝利することを、許すことができないことがわかったシリウス高等評議会が、あなたの振動音声複合体の用語でヨセフという名前の、マインド・ボディ・スピリット複合体がただ一人でいる前に現れました。そしてこの存在のミッションを明らかにしました。

ヨセフとして知られるこの存在はやって来て、イエスのボディを墓に安置しそれを閉じました。そこでシリウス高等評議会は、ナザレのジーザスとして知られている存在の肉体を、彼らの思考のパワーを使って癒しました。このようにそれは癒されて、愛と光を共有するというそのミッションを続けることができました。

そこでいわゆる日曜日の朝のその時間に、ある女性のマインド・ボディ複合体がこの存在の墓に近づき、それ(亡きがら)が無くなっているのを見つけました。この女性もまたシリウス人と遭遇し、その存在からナザレのイエスが生きていて、3日目に再び立ち上がるだろうと聞きました。

そこでこの女性は、希望のメッセージをその時空間の人々の間に広げ、それはよりポジティブな気持ちと希望を広げるのを助けました。このように次の40日の間、ナザレのジーザスという名前の神の存在は、色々な形で現れました。第4密度意識の後方に属して以来、それはその思考を使って人々の前に現れ、同様にそれが転生した同じ肉体(物理的乗り物)で現れることができました。

第4密度の、より後方は、物理的乗り物とソウル自身の間の幕あいの段階です。ジーザスとして知られるこの存在は、この能力を使ってより多くの愛と光をあなたの惑星で共有することができました。

彼はさらに、多くの人々に教えました。

許しのみが彼が無限の知性に繋がる方法だったこと、
そして熟考すること(pondering) によって内側で、この無限の知性を活性化できた人は決して死なないだろう、
というのも死が存在しないから、
ですから、愛する人たち、人生に次ぐ人生と体験に次ぐ体験の繰り返しだけなのです。

私たちは今、愛の中で、そして私たちの一人一人の中と
宇宙の全てのものの中にいる、一なる至高の創造主の光の中でお別れします。

さようなら

〜文字起こしここまで〜

ジーザスの教えのポイントは、許しで無限の知世に繋がり、熟考(pondering) でして無限の知性を活性化することでした💛

最後に本物が現れます💫

Ponde-ring(ポンデ-
リング🍩)で遅まきながら、ハッピー・イースターを🙃















カテゴリーSAM