惑星K2-18b –プレアデス共同体

 カバムール・タイゲタ Neioh経由の情報

https://www.disclosurenews.it/en/planet-k2-18b-neioh-pleiadian-collective/

〜BBC ニュースより〜

プラネットK2-18b
天文学者は、遠方の星の居住可能ゾーン内を周回する惑星の大気中の水を初めて発見しました。
この発見により、世界–惑星K2-18b –は、異星人の生命の探索におけるもっともらしい候補になります。
10年以内に、新しい宇宙望遠鏡は、惑星K2-18bの大気に生物によって生成される可能性のあるガスが含まれているかどうかを判断できる可能性があります。
リードサイエンティストであるユニバーシティカレッジロンドン(UCL)のGiovanna Tinetti教授は、この発見を「心を吹き飛ばす」と述べました。
「温度が生命の存在と潜在的に互換性がある星の周りの居住可能なゾーンの惑星で水を検出したのはこれが初めてです」と彼女は言いました。
新しい惑星K2-18bは、「スーパーアース」として知られる惑星カテゴリで、地球の2倍の大きさであり、液体の水が入るのに十分な温度(0〜40℃)です。
惑星K2-18bは地球から111光年-約6億5,000万マイル-離れており、プローブを送るには遠すぎます。そのため、唯一の選択肢は、次世代の宇宙望遠鏡が2020年代に打ち上げられるのを待ち、生物によってしか生成されない惑星の大気中のガスを探すことです。

BBCのニュース
〜〜〜


K2-18bに関するこれらの記事は、公開プレビューです。
この惑星には非常に人間に似た存在が生息していることを既に知っている人々がいます。
彼らは約100万人で、地球の2倍の大きさの惑星に住んでいます。


彼らは平和であり、彼らがARKEEと呼ぶ惑星を離れることはめったにありません。
彼らは自分の食物を育て、水を飲みます。 彼らは動物を持っていますが、私たちと同じではありません。
彼らは雨を防いだり、眠るために覆うための構造物を持っていて、それらはほとんどの時間オープンです。
この惑星や他の惑星についてもっと多くのことが出てくるでしょう。



彼らが彼らの惑星を去ることを気にしない理由があります。 彼らは天の人間です。
これは、彼らが天使と人間の一部ではなく、数百万年前に、まだ地球に知られていない地球のような他の惑星から天使によってもたらされたことを意味します。
これらは地球よりも密度の高い子供たちでした。
彼らは、プレアデスでボディーで飛ぶような多くのことを行うことができます。 彼らは単に上がって飛ぶだけです。
彼らは家族として成長し、天使たちは彼らにすべてを教えました。


彼らは交尾も繁殖もせず、子供たちが生き残り、平和で親切な生活を送り、別の方法を学ぶようになると、この欲求が変化しました。
彼らはプレアデスのような他の人を知っており、訪問されています。
彼らは純粋な魂を持っており、戦争を理解していません。
彼らは高度に進化し、知性的です。
完全に目覚め、選択することができますが、天使の天の贈り物は彼らを生き続けさせ、死を経験しません。
彼らは時々長時間眠り、小さな子供から大人のサイズに成長します。


彼らは、天界の性質のために、健康でなくなったりシワができたりと、老化しません。
これらのことは他のほとんどの種族には知られていませんが、プレアデス族は天使と大天使をよく知っており、私たちは彼らと一緒にいて彼らを教える家族としてここに歓迎されました。
彼らは、共有、心からの活動、自然の中での楽しみにのみ興味があります。
彼らは目を閉じてすべてのマルチバースにアクセスします。 彼らは意識の中を旅します。
彼らは話すだけでなく、テレパシーを使います。
彼らは常に彼らの故郷の惑星にとどまるでしょう。


#ARKEAと呼ばれるこれらは害から救われました。一部は殺されるか犠牲にされ、他の人は放棄されました。より高い密度でさえ、一部の存在は暗闇を選択しました。
これが唯一の天の惑星ではなく、沢山あります。
シフトの後、新しい地球もまた天の惑星を訪れることを歓迎されます。
これらの美しい存在は地球を知っており、継続的に瞑想し、愛のエネルギーを送っています。
彼らは今、見られることをうれしく思います。そして彼らはシフトがすぐに来ることを知っているので、ディスカバリーは彼らにとって神聖です。

プレアディアンは、地球への贈り物として、アルキーからセレステイトとセレスティンとして知られるクリスタルをもたらしました