ペンドリアン UFO・地球検疫・統一の法則について


Pendorians on UFO, Earth Quarantine, Law of Unity





✴︎ これはU-Tubeによって以前に削除され、SAMさんのPatreonで公開されたビデオの文字起こしです。ビデオを見たい方はSAM さんのPatreonの登録をどうぞ、支援もできます🙂↓↓↓
https://www.patreon.com/SAMTHEILLUSIONIST/posts

✴︎ペンドリアン達からのこのチャネルは2021年1月ぐらいに行われたもののようです。

〜〜〜

私達は第5密度の社会記憶複合体(ソーシャル・メモリー・コンプレックス)です。しかし私達はコミュニケーションに名前や言葉を使いません。しかしあなた方の用語で私たちをペンドリアンと呼んでもよいです。私達はあなた方によって名前をつけられたいわゆる風車銀河(訳註、約2500万光年先の大熊座にある銀河、M101) に住んでいます。

私達は、あなたの現在の時空のこれらの領域の中で、統一の知識を共有するためにここにいます。私達は銀河連合の惑星メンバの一つで、惑星は一なる無限の創造者への奉仕で創造されました。この連合にはおよそ460の惑星意識複合体からなるおよそ46の文明があります。最近は光の銀河連合と名前が変わりました。

あなたの惑星の3次元を超えた次元を達成した多くの存在もまたこの連合のメンバーです。それはあなたの太陽系の惑星の実体で構成されていて、同様に他の銀河からの惑星実体もあります。

これは素晴らしい連合です。そのメンバーは全て異なっていて様々な宇宙の惑星の出身ですが、皆が一なる無限の創造主の統合の原則への奉仕に関わっています。私達はあなたがマインドで求めている情報、他の惑星からのUFOまたはいわゆる未確認飛行物体について話さなければなりません。(しかし)現在のところそれは重要ではありません.

私達は人類への奉仕のために、統合の法則の原理を表現することをより嬉しく思います。私たちが、あなたのマインド集合体にある様々な混乱を取り除くために、この話題について話す必要があると感じるかどうかにかかわらず、あなたはあなたの惑星に交通遮断(検疫)が敷かれていることを知らなければなりません。それは他の惑星から他の実体が、あなたがそう呼ぶところの検疫を破る特別な許可なしには、あなたの3次元の時空に現れることができないことを意味します。

この特別な許可なしには、誰もあなた方の前に現れることはできません。この見かけの背後にある理由は、あなた方人々によって理解されているか、あなた方のマインド集合体によって拒否されているかのどちらかです。あなたの外気圏として知られる地球の大気には、連合の実体が20ぐらい存在します。

加えて他にあなた方人々がその思考の運用を通じて、そして私たちがそれを通じて自分自身を表すチャネリングとして知られる過程を通じて、現時点で私達は光の宇宙船を伴う3つの操作と、そこで青、オレンジ、または赤みを帯びた色のいずれかの操作があるのをあなたの次元で感知できます。

これはあなた方の眼で彼らが見えるということを意味しません。あなた方がもしマインドの振動で十分に明晰である場合にのみ光が見えます。彼らの目的または訪問、または使命はとてもシンプルです。それはあなた方惑星存在が存在する無限についてわかるようにしています。それはミステリアスな物体または不明な飛ぶ物体として、最も良く知られています。

いわゆる光の銀河連合評議会は、あなた方の銀河の土星という名前の惑星のリングに存在していて、検疫を破ることをほとんど許していません。しかし私達はある程度の数の着陸があることを感知しています。今私たちが話すように、これらの着陸の一部はあなた方の人々のもので、他は宇宙の様々な惑星からの実体です。それはあなた方人々の中で、統一(ユニティー)の法則の知識の共有をしたがっています。しかし混沌と不調和を生み出すことなしに、この惑星に転生した存在の自由意思に干渉することなしに行いたいのです。

いわゆるユニティーの法則を知って、そして適用することなしには、人間が次の第4密度意識にアセンションすることは非常に難しいので、これは起こります。これは連合により特別なタイプの許可が与えられて行われます。その許可は、検疫を破ってあなたの種にオープンに現れて注意を引くことではなく、思考形態で現れて人々の振動数を彼ら(宇宙人)を見たり受け入れたりする準備のために同調させることに対して下りています。

最初にこの検疫許可が下りたのは、あなたの惑星でのいわゆる核兵器の爆発の時だったことに留意してください。あなた方の空にいくつか(宇宙船が)出現したために、ある種のミステリーと、不明な性質の(出来事の)発生があなた方人々に見られる可能性がありました。あなた方に私たちが知っているような宇宙に存在する無限の可能性を提供し気付かせるために、ユニティーの法則へのゲートウエイ(関門)はあなた方人々が無限を把握する時にのみ開かれる可能性があります。

あなた方の惑星の存在はこの現在の時空で、様々な空中の船を飛ばすことができるテクノロジーのレベルに到達しました。しかし私達はそれのほとんどが、他のグループの破壊のためになされたことに気づきました。これらの船はあなた方の用語で、いわゆる戦争のために作られました。これはあなた方人々の社会記憶複合体の振動にとって、非常に不幸なことでした。なぜならこれらの機械はほとんど人類の奉仕には使われずに、大量破壊兵器として使われたからです。これによりあなた方全体が形成している社会記憶複合体の振動が、その最初の段階で問題を引き起こしました。
その中では自己奉仕の実体が完全にパワーを得られず、また他者奉仕の実体もより高いところに大多数の振動レートが届きません。これによりあなた方存在のソウルの次の密度への収穫がとても小さくなります。(訳註、ネガティブもポジティブもそれぞれ分かれて第4密度へと卒業するのだが、卒業できるソウルが少ないということ)

私達はまた、このような惑星間の実体があなたの惑星を訪問している間に、一過性に居住するいわゆる基地または場所があることをあなた方に知らせなければなりません。それらはバハマの近くのいわゆる南の海と太平洋にあります。そのほかに現在再建された地下基地がいくつか月にあります。一部の基地はあなた方の大陸のいわゆる砂漠のエリアにあります。

しかしこれを知っておいてください。全ての存在が同じ源の創造者から来ていても、連合は検疫を維持しなければならないのです。なぜなら、過去12000年前にいく人かの存在が人類を助けるために、一なる法則の教えの中でアセンションしましたが、知識を与えられた地球の実体は、それを歪ませました。そして教えの背後の真実の意味と感覚が失われました。平和の代わりにそれは人類のいわゆる分離に導きました。これがなぜ連合が現在、もっともっと多くの人々が、私たちと似た銀河の、様々な他の惑星のそのような実体と連絡を取ることを望んでさえ、どんな種類の検疫の破損であっても許すことにとても慎重な理由です。

許されている唯一のコミュニケーションの方法は、あなたの地球の用語で私たちのようなチャネリングの過程を介したものです。しかし他のネガティブ指向のオリオングループとして知られているようなものがあります。彼ら全てがネガティブではないのですが、彼らの多くがネガティブであることは、小さな数のポジティブなオリオン実体のほとんどが取り残されることを意味します。加えて彼らは、あなたの惑星を侵害するのにどんな種類の許可も求めていません。いわゆるオリオングループの目的は、あなたの惑星の自由意志を尊重する他のポジティブ指向の存在とは大きく異なり、征服することです。

あなたに説明しましょう。異なるタイプの着陸が起こる可能性があります。最初のタイプでは、あなたの惑星の実体が彼らの船に運ばれる時に、将来の潜在的な目的のためにプログラムされていました。プログラミングは2つか3つのレベルの可能性があります。最初のレベルは、研究を行なっている実体により発見されます。二つ目のタイプはトリガーするプログラムです。3つ目はより深くトリガーするプログラムで実体を結晶化させ、有用なタイプのビーコンとしてそれに(トリガーを)与えます。他のタイプの着陸は海面下で、地球の外殻の下に深海を介して入ることが可能です。

時々あなた自身の振動を持つ惑星の実体が、外の次元の存在と混同される可能性があります。しかしこれはあなたのプレーンの実体が、他の惑星の実体によって船に載せられるいわゆる着陸の間に、それをちょうど映画を見ているとみなせるように教えられるせいで、いつもそうではありません。これは、ストーリーを体験するために、そしてあなたの平面の存在が感覚を伴って、認識と体験を見覚えるようにするために行われています。

あなたの空に見られるUFOの大部分は、そこに検疫が設置されていても地球に侵入するのになんの許可も求めないオリオングループのものです。彼らは通常メッセージを送る一方で、いくつかの他の目撃を引き起こしますが、それはあなた方人々の視覚のメカニズムに伴う強い視覚化のシステムによります。そのメカニズムはある物体をUFOと混同します。 

私たち連合のいくつかのメンバーは、事前に連合の許可を得て、地球に着陸することなくあなた方の空に現れます。それに加えて私たちは私たちの思考形態の投影をあなたの時空から取り除きます。

さあ、愛する人、私たちはあなた方が、私たちがここでユニティーの法則について伝えたことを受け入れるのに、あなたの識別を使うことを望みます。

さようなら

(密度についてのラーによるチャネル:http://eli6018.xsrv.jp/how-our-soul-evolves-through-various-densities-sam/
~~~
NOTE

ペンドリアン:第5密度の社会記憶複合体(ソーシャル・メモリー・コンプレックス)で、コミュニケーションに名前や言葉を使わない。地球人の用語でペンドリアンと呼んでも良い。いわゆる風車銀河(訳註、約2500万光年先の大熊座にある銀河、M101) に住んでいる。

銀河連合:光の銀河連合に改名、およそ460の惑星意識複合体からなるおよそ46の文明がある。統一(ユニティー)の法則の知識の共有のために、現在は思考形態で現れて、惑星地球の3次元を超えた次元を達成した多くの存在もまたこの連合のメンバーで、太陽系の惑星の実体で構成されている。統一(ユニティー)の法則の知識の共有のために、現在は思考形態で現れて、人々の振動数を彼らを見たり受け入れたりする準備のために同調させる仕事もしている。

地球の検疫:地球には地球人がその自由意志で進化するために、特別な交通遮断が設置されていて、連合の許可なしには行き来が禁じられている。

UFO: 
ネガティブ指向のオリオングループは許可を得ずに、検疫を破って地球人に呼びかけ着陸し、強い視覚化操作を行ってきた。地球人を宇宙船に連れて行って、プログラミング操作、時期を選んでネガティブにトリガーされるものを含むような深いプログラミング操作も行なってきた。(これについては、アシュターが以前、90年代に操作された存在が仲間の中にいたことを伝えていました。)これら全ては自由意志の侵害にあたる。

地球の外気圏には、光の銀河連合の実体が20ほど存在するが、着陸はしない。
彼らがシップで現れるときは事前の許可を取っていて、思考形態の投影(思考がこの時空で具現化されること)を取り除いている。

ユニティーの法則の原理:一なる無限の創造者(知性)により全てが創造され、全てが無限で一つである中で、個々のソウルが自由意志で進化することが認められている。全てのソウルは進化の密度のシステムの中で、一なる無限の創造者への奉仕をしながら、源への統一に向けて無限に進化する体験を続けている。

🌟「ユニティーの法則を知って、そして適用することなしには、人間が次の第4密度意識にアセンションすることは非常に難しい。」

🌟「宇宙に存在する無限の可能性について気付くことが必要で、統一の法則への入口は、あなた方人々が無限を把握する時にのみ開かれる可能性があります。」