ETNYA SOLARIS 

ETNYA SOLARIS(P1小辞典より) 彼女は太陽の存在であり、純粋な活力があり、喜びの指揮者です。彼女は儀式的な存在です。 彼女は純粋な太陽エネルギーを放射するため、どこでもそのエネルギーサインが知られています。状況が非常に深刻な多くの会議で、Etnyaは明るさと喜びのエネルギーをもたらし、「緊張」を和らげ、彼女の存在だけでみんなが笑顔になります。

偉大な母船の中では、彼女はアークトゥルス軍の乗組員で身長は1,6メートルです。瞑想状態では3メートル以上になります。彼女は地上に物理的に数回転生しました。それはエジプト、ムー、アトランティス、そしてイエスがアセンデッドした時代です。 彼女は本来、マスター・イエスの修道院の不可欠な部分です。 彼女は多くの星の種族の子供たちの教育のために、スピリチュアルな計画で特に求められました。彼女はエッセン人に非常に愛されて、ニーアと呼ばれていました。明るい人生の1つで聖なる奉献の儀式に出席しました。 彼女は多くの存在を奉献し、アトンのエネルギーを彼らの心にもたらし、それらを太陽神に統一しました。 彼女はアトンと強いつながりがあり、望むときにいつでも彼を呼び出すことができます。 彼女は地球表面におけるの彼のレイ(光線)の1つです。

彼女は、プレアデス1から、太陽エネルギーが地球の表面に確実に取り入れられるように、またアストラルゾーンの下部に行き、喜びのエネルギーを運ぶようにと求められました。 特に、抑うつ的で自殺傾向の魂のいる場所に行き、その場所に彼女は太陽エネルギーの輝きをもたらし、アトンのエネルギーを定着させます。 「私はエトニア、命の太陽の運び手であり、私が象っているものを尊びます」と言うと、銀河の中心太陽からの強烈なエネルギーが太陽を通過し、彼女に降り注ぎ彼女のクラウンチャクラに届いてハートチャクラで止まります。 そしてそこから光線が輝き、すべての光線が、幸せで、人生に感謝する無限の機会を表します。 それは太陽のマスター、地球の身体では太陽そのものです。