EONDOR12 SHIP P1 小辞典

それは「イディーニ」集団からの様々な存在と共にある巨大な船です。 何人かの「Cranus-Idinis」は、この船を地球の物性のより近くで動かしています。 このアプローチは、PVSE内のこの集団の主な代表であるAvatar Cranu-Idini(P1小辞典 Cranu-Idiniを参照)の倫理的で、愛情深く、不可侵なサポートを受けています。

この集団は、負の電流と歪んだ精神パターンを崩壊させる大きな可能性を秘めています。 彼らは非常に素早い思考をする存在であり、多くはバシャールとして知られている存在の系統に属しています。

船は、アマゾナス州の上に偽装して駐在します。 船自体は、アマゾナス州(訳注:ブラジル北西部の州、州都はマナウス)の半分の大きさです。 巨大な船で OM(2000から35000 kmまでの中地球軌道)上にいます。この船は、マグネティック島のさまざまなプロジェクターに照準を合わせ、その島からアマゾナス州、別の島、変換の島までのエネルギーを収集します。 このプロセスには時間がかかり、この動きの状況はP1ノートに表示します。

終了すると、変換の島で非常に大きな「クラヌス」の目覚めが起こり、これにより、その地域で大天使メタトロンの美しいエネルギーの足場を確実にします。というのもこれらの存在の大部分は、大天使メタトロンの力を代表しているからです。