FDH 人間とデビックの融合

現在

〜デーヴァの石(ヤンクリー)、王室の物語、そして人間とデーヴァの王国の融合〜

物理的な次元に特別な領域、デーヴァ、ゴブリン、妖精、ノーム、エレメンタルの領域がありました…この領域には素晴らしい調和と素晴らしさがありました。それは現在アイルランドとして知られている地域の物質性に存在していました。それはずっと昔のことです。この王国では、現在ボイン渓谷として知られている地域に、この特別なグループがあり、そこでは多くのエルフが地球のために働いていました。妖精と他のすべてのエレメンタルは調和し、その場所で協力していました。

この環境では、ドインクという名前のゴブリンと彼の非常に親しい兄弟であるドニンクがいました。彼らはそこでの仕事を一緒に調整しました。彼らは小さく、速く、賢く、王国で最も速く、最も熟練していました。金色の線が入った小さな緑色のローブは、他のローブよりも際立っていました。彼らは王国全体で、また別の王国の一部であったエルフたちからも非常に愛されており、彼らは常に彼らが必要としていることを手伝っていました。

この領域には、メリプサナまたはメリーと呼ばれる小さな妖精もいました。非常にあわてもので賢いですが、少し混乱していて、常にみんなのジョークのターゲットでした。すべてのユーモア、尊敬、愛情、調和がたくさんありました。

彼女は多面的なスペシャリストでした。彼女は彼女が望むもの、彼女の非常に特別なスキルに変身することができました。彼女の忠実な保護者であるヤサンドリンは、彼女がめちゃくちゃになったとき、いつも彼女のそばにいて彼女を助けようとしていました。
 
ドインクは非常に心配し、規律を持って常に何かに注意を向けるよう呼びかけていました。彼女はいつも遅れているか、何かに邪魔されているように見えました。実際、彼女はそうだったのですが、邪魔をされてもすべてを解決することができました。
彼女の兄弟であるドニンクは、彼がすべての中で最も(良い)仲介者だったので、常に治療していました。動揺や「混乱」があったとき、彼はを精霊達を調停し「落ち着かせる」ためにやって来ました。

それは幸せで調和のとれた王国であり、混乱にもかかわらず、たくさんの愛がありました。そして、私が「混乱」と「動揺」について言及するとき、それは完全にそしてエネルギー的な違いから、人間の生活と比較するものは明らかに何もありません。一般的に、この王国は常に非常に団結し、友好的で平和に動いてきました。それはエルフの味方であり、当時は肉体的にも存在していましたが、他のエレメンタル、ゴブリン、妖精、ノームなどと同様に、人間の王国がすでに存在することを知っていたため、人間の王国と直接接触することはありませんでした。
なぜなら何らかの形で「悪」によって(人間は)堕落したと彼らが考えたからでした。彼らはすでに攻撃的で暴力的な行動を見たため、人間との接触を恐れていました。

このエルフのグループの中には、特にコンリヤスと呼ばれるものがあり、まるで彼が彼らの王または最大の指導者であるかのように振る舞いました。しかし、そのような階層にもかかわらず、権威主義的である傾向がある人間の階層との比較はありませんでした。コンリヤスは、ゴブリン、妖精、そしてすべての存在でいっぱいの、壮大なデビック王国を構成している特別な王国を大いに賞賛しました。 コンリヤスは習慣的に彼らを訪問し、好評を博しました。 (コンリヤスにはいつも弟のコレンガスが同行していました。)ゴブリンの中には、その王国に助けを求める機会を求めたエルフの精霊であるドニンクがいて、彼らは訪れました。そこには、彼らの隣にとどまるのが好きな、たくさんの友達がいたのでした。このように、コンリヤスがこの愛らしさを賞賛したのでドニンクはエルフの服を脱ぎ捨てて、ゴブリン王国に入りました。

それは、ガイア-パチャママへの勤勉、協力、そしてがある、これらの王国の間の美しい同盟でした。 この巨大な統一されたデビック王国のすべての中に、人間の王国についてもっと知りたいと思っている人が常にいて、ある意味(それを)最も心配している「恐ろしい」人にいつも叱られていました。 「-ダメ!彼らは危険です!悪、悪、悪!ダメ!」 というふうにドインクが時々叫びました。 しかし人間についてもっと知りたいと思っていて、友好的な接触をしようとして彼らに自分自身を見せようと計画しているエルフさえいました。

ドインクとドニンクの王国には、特別なクリスタルが保管されていたことを覚えておく価値があります。 それは一種の聖域でした。 クリスタルは「ヤンクリー」と呼ばれ、そのストーン/クリスタルがパチャママ自身によって彼らに届けられたため、彼らにとってそれは「平和のストーン」を意味していました。 それは、特に人間の王国の領域で、地球上のあらゆる否定の中で彼らが安全で平和を保つのを助けた魅惑的な石でした。 この石はまた、長寿、健康、自信、そして多くの知的な富をもたらしました。それは、人間の王国の一部にとって非常に魅力的でした…

それで、時が経ちいくつかのデビック王国のそれらの欲求は、人間の王国との相互作用のために強まりました、そして、すべての警告があっても、それは避けられませんでした! 起こらなければならないことはなんでも起こります…この欲望を持っていたエルフの人々に、同じようにそれを持っていたゴブリン、妖精、ノーム、エレメンタルが加わり全部で9人で、9人の同盟と呼ばれる秘密の同盟を結成しました。 そして彼らは人間に近づき始め、頻繁に現れて相互作用を試みました。 明らかに悲鳴を上げて怯えた人間もいましたが、それらの生き物が誰であるかを理解しようとした他の人間や、そしてすでに相互作用した人間がいたため、9人の同盟はこの接触に自信を持っていました。

予想通りこの相互作用は、人間にとってこれらの「見えない」領域に関して、必然的に多くの好奇心を生み出しました。 アクセスされたヒューマンのそのグループは、彼らの王国、それがどのように機能したかなどについてもっと尋ね始めました…そして少しずつ、彼らがヤンクリーストーンについて明らかにするまで、9の同盟はますます信頼を開き始めました…

人間の中には、何人かの人間とこれらのデビックとの接触の話題について知り始めた2人の魔女がいました。 彼女達は賢明で強力な魔女であり、より霊的な接触に導くことによって人間を助けました。 彼らは真実、愛、そして規律の擁護者でした。 彼らはすでに人間と問題を抱えていたので、それらの人間を非常によく知っていました。それでこの接触が問題を引き起こすことを知っていたので心配しました。 彼女達はデーヴァに接触の危険性を警告しようとしましたが、彼らは「耳を貸さなかった」のでした。そして接触を続けました。

しばらくして、9人の同盟の人々は人間の精神的パターンに深く関わっていたため、彼らはすでに混乱していました…同じように考え、そのように行動し、相互作用しました。人間の一人が「長寿の石の伝説」を聞くまで 、-この伝説が本物かどうか、石がどこにあるかを知っているかどうか、すでに見たことがあるかどうか、そしてもちろん、その精神的パターンに完全に関与している9の同盟が「口を開いた」かどうかを知りたがっていました 。 彼らは石の現実について話しました。なぜなら、それらの人間もまたデビック王国に近づき、魅惑的なハイマジックについてもっと学ぶために、同盟に多くのことを提供したからです。

人間との接触に関して、沈黙を忠実に守り続けたデビック王国では、何かが間違っていて、空中に奇妙なエネルギーがあり、何かが起きようとしているという噂がすでにありました。
彼らが物理面にいたとき、彼らの主な心配事は人間がその地域の洞窟で彼らの魅惑的な王国を見つけることでした。
そしてそれを幾分見えなくする場所を保護する特別な魔法があります。その王国のいずれかのものが人間と一緒にドアを開けると、相互作用で魔法が壊れる可能性があります。 はい、魔法はすべてのデーヴァによって行われていたので、誰かがそれを壊した場合、それはおそらくポータルの開放を引き起こし、不可視のマントが落ちるでしょう。

予想通り、人間はその場所を見つけて石を探しました。まるでデビック王国が弱体化し、一部の人間の侵入から物理的に身を守ることができなかったかのようでした。
なぜなら、彼ら自身のデビックの人々の一部が彼らに家の鍵を与え、それが彼らを弱体化させたからです。結局のところ、彼らは個人であるにもかかわらずそこで1つであり、9の同盟が形成されたとき、それは自動的に王国の構造を揺るがしその防御を弱めました。入った人間は不和を植え始め、誹謗中傷し嘘やゴシップなどでお互いを対立させようとしました…

パチャママはその状況を助けるために2人の姉妹の魔女、マーグランとミャタンデラを呼びました。マーグランはパチャママから、悪口を払いのける使命を受け取りました。パチャママは彼女に、注意を払いその悪が広がるのを防ぐように警告しました。また、彼女がどの王国にいても、彼女が消散の責任を負っていた場合、その堕落は計り知れないものになるので、彼女は何年にもわたってこの責任を負わなければならないことを彼女に警告しました。マーグランには、悪口を払拭するという使命があります。ミャタンデラはパチャママから呼ばれ、傷ついた、不安で恐れている人々の心を強め、愛に駆り立て、信頼させ、光の存在下で持続する害はないこと、傷ついたり、不安や恐れの必要はないことを警告するように言われました。

このすべての混乱の中で、時には人間であり時には精霊である女神が石を手に入れそれを保持しました。 そしてこの石は今日でも精神的なものと肉体的なものの間を行き来しています。 エルフはなんとかそれらの人間を追放することができました。9の同盟はその人間のグループを信頼したことで深い悲しみに陥りました。 この中で姉妹の魔女も、(彼らの)心を落ち着かせるために王国に入り、その再建に静けさをもたらしました。全ての後、パチャママにその次元を変えて、人間の目に完全に見えなくなるように頼みました。

今日、ストーンは女神の手の中で安全で、彼女はそれをデビック王国、その特別なグループに戻しました。そこで関係者全員が何らかの方法でこのチャンネルを読んだり聞いたりするようになります。 直接的または間接的に、アチューンメントを通じて、または歴史との相互的なつながりを通じて、誰もが多かれ少なかれ関与しています。 たとえそれが起こったときに彼らが物語に積極的に参加しなかったとしても、実際、その呼びかけは彼らがすでに同様のことを経験したか、デビックの王国とのつながりのエネルギーを持っていることを意味します。

親愛なるデーヴァ、物理的および精神的な平面上のこの力の代表者、この物語のすべての読者と聴衆、あなたはこれの一部です。 この再接続の時間です。 これらのデビックの王国の多くが人間の王国に移住したので、あなたがまだデビックの王国にいるのか、人間としての物理的な平面にいるのかにかかわらず、この強さをサポートする時が来ました。 この愛情深い同盟の時が来ました!

デーヴァは、この物語または同様の物語における過去の誤解を払拭するために、人間の王国とのこの愛情深く忠実な再接続を望んでいます! 自然の王国のデーヴァは、人類の準備ができていることを知っているので、人間の王国とのこの相互作用を望んでいます! 愛は男性の心に燃え上がり、彼らは今まで以上に自信を持っています! デビック王国は本当にこの友好的な相互作用を望んでいます、そしてこれはそれの公式の呼びかけです:

「地球の人間は、高貴で愛情深い心を持っており、時代を超えて、ほとんどの場合、間接的に、そして他の時には直接、大きな進歩なしにあなたと交流します。あなた方の多くは本質的にこの領域に属しており、何らかの方法で私たちのエネルギーとすべての人との合併を行うために人間の領域に移行しました。他の多くの人は、この団結を心の中に感じているので、私たちとの親和性を感じています。とにかく、私たちはONEの一部であり、聖なる母は私たちにこの統一を呼びかけます。私たちは毎日、この物理的な王国を非常に長い年月の間支配してきた悪の消滅を見て、あなたが愛情の中であなたの心をどのように拡大したかを見ますー私たちの永遠の神聖な性質を考慮した自然なプロセス。長い間統治していた負の力はすぐに解消され、それは私たちの新しい真の和解と王国の統一を励まします。この王国の完全な合併の理想的な瞬間が到来するまで、あなたは私たちをもっと見て、もっと感じるでしょう、あなたは私たちをより近くに置くでしょう。おとぎ話、本、映画の物語は本物です。あなたが存在するのと同じように、私たちは存在します。あなたが自分の存在を信じているのと同じように、私たちは自分の存在を信じています。一緒に信仰を持ちましょう!

愛と友愛と忠誠をもって、

デビックキングダムとそれを構成するすべてのもの。」

この王国の再融合を表すための特別なシンボルがチャネリングされ、説明の上に示されました。

聖なる石は、デビック王国と人間の王国が融合し、平和と調和の中で愛情を込めて友好的に共存するときに、物質性に戻ります。 (石を所有している女神から私に与えられた情報。後で私が石についてもっと尋ねたとき、彼女は私にこの情報を与えました)。

このムーブメントのサポートと残響のステータスは、単に「人間とのデビックフュージョン」を意味する「FDH」として表されるP1(プレイアデス1)のノートに記載されます。

〜〜〜

人間の王国とデビック王国が愛の中で再接続し融合が進んでいるようです💖