次元シフト-テリー・ウェイド

テリー・ウエイドさんの9月10日のfbのアップデートの翻訳です。

〜〜〜

次元のシフトは、体の分子構造を変化させます。これは、この移行を行う唯一の方法です。 体の密度が低くなるはずです。 現在、私たちはさまざまな方法でその準備をしています….

浄化の日…

次元のシフトが発生するとき、意識の3次元状態が後退します。 これが起こると、自然界のものではない合成材料が消え始めます。 私の意見では、それらは一度に消えることはありません。それはそれらが何でできているかによります。

3次元の意識のグリッドが磁場とともに崩壊し始めるときが、これらの合成材料が消えるときです。 多くの人が知らないのは、軸とグリッドの変更が何百万年もの間起こっているということです。これが、以前の文明で合成材料で作られ製造されたアイテムがない理由です。 そして、非常に高度な文明が石から巨大な構造を構築した理由です。これらの構造は、次元の変化を乗り越え、そこに残ります。
これらの過去の文明は、私たちのものよりはるかに進んでいたので、これは皮肉なことです。

物(オブジェクト)が消え始めているという事実は、特にこの惑星で起こっている変化に完全に気づいていない人たちにとって、自分たちに何が起こっているのかを理解していないので、気が狂い始めるかのようです。

この3次元インターフェースが発生すると、オブジェクトの色が、慣れ親しんだ方法で一致しないことに気付き、それがあなたの心を揺さぶるでしょう。この変化を監視してきた銀河人達は、このインターフェースを介して徐々に移動することを望んでいます。磁場が完全に崩壊する前に、あなたはこの変化が発生するのをごく短時間見ることができます。

あなたの視野とビジョンは消え、あなたは一種の黒いボイドにいることに気づくでしょう。 あなたから3次元意識はなくなります。一部の人々は眠りに落ちて、3〜4日間夢を見始めます。ことわざにある暗闇の3日間です。これは自然なプロセスであり、私たちは何度もそれを行ってきましたが、3次元レベルにいる一部の人にとっては恐怖が問題になります。

このプロセスの間に、以前にこれを行ったことを突然思い出すかもしれません。 4次元の世界が知覚されるようになると、光が再び戻ってきます。あなたは、今まで見たことのないような世界にいるでしょう。何故なら記憶が消されたために、あなたが思い出すことができなかっただけなのです。

それはすべての色、形、質感があなたにとってすべて新しいものになる真新しい場所になります。 あなたが世界をシフトするとき(訳注、死を介してのシフト)と多くの類似点がありますが、今度は幼児としてではなくあなたとしてシフトするのです。 そして、それらが何でできているかに応じて、おそらくあなたの服が差し引かれます(訳注、使えるボディーの仕様が変わるということ)。🙃

類似点の1つは、母親、父親、子供である聖三位一体です。 この新しい世界に入ると、あなたの父親と母親の2人の存在に出会いますが、彼らはあなたの地球の両親と全く似ていません。これらの存在は3〜4.5mの高さで、あなたとの絆があり、この新しい世界の最初のステージを案内します。 これらの存在はあなたの創造の最初からあなたとあなたの神性を知っています。 基本的に、あなたはこの信じられないほどの新しい現実にいるでしょう、あなたはこの二つの存在強い愛と絆がありますが、本当の理由はわかりません。

身体構造は同じままなのに、原子レベルでは劇的に変化します。 つまり、3次元の密度の多くはエネルギーに変換されます。 つまり、原子構造の多くは、以前よりも離れています。 つまり、あなたの細胞はそれほど一緒に凝集しないということです。つまり、あなたはそれほど高密度ではなく、より軽くなってきています。

あなたはこのプロセスを一人で進みます。 「多くの人が呼ばれが、選ばれる人は少ない」という聖書の言葉を思い出してください。つまり、小麦はもみ殻から分離されるのです。 覚えておいてください、この4次元の世界に入ると、あなたは思考ごとに秒単位ですべてが創造します。 これは3次元の世界にも当てはまりますが、信じられないほどの制限の中で、このような限定的な環境に住むようにプログラムされています。

この新しい現実は、すべてが瞬時に起こっている世界です。 「小麦がもみ殻から切り離される」とはどういう意味か。 この動きを通してこのより高い4次元に移動するときは、恐れに基づく全ての感情から遠ざかる必要があります。なぜなら、その低い振動に引き戻されるからです。 愛を考えていて、落ち着いている人はその高い現実に引き込まれ、あなたはまさにゲームに勝利します。

あなたの考えていることに応じて、この新しい現実で安定します。
「もし剣で生きるなら、あなたは剣で死に、柔和が地球を受け継ぐだろう」
これが意味するのは、いまだに三次元的に考え続けている者は取り残され、小麦ともみが分離されだろうということです。

あなたが気づき始める最初の事柄の1つは、あなたが考えるものは瞬時に起こるということです。 多くの人は自分の外見を見て、それをあなたが望む理想的なイメージに変えたいと思うでしょう。 自己修正は子供じみたエクササイズですが、多くの地球出身でない生物を見ると、それらはすべて背が高く、美しく、健康です。 身体構造の自己修正は自然な出来事で、4次元から続きます。 それはクリエイティブな表現です。 繰り返しになりますが、この次元のインターフェースの最初の数時間以内に平和を維持することは非常に重要です。 あなたの内側の技術は非常に重要です。

これらの2つの存在は地球の親とは異なり、この新しい現実の最初の2年間を案内することを覚えておいてください。 彼らはあなたの地球の両親がしたように、支配されるべき所有物としてあなたを見ません。 これらの2つの存在があなたにそれを即座に体験する何かを伝えているとしましょう。 彼らが特定の場所や部屋について説明している場合、あなたはすぐにそこにいるでしょう。 まるでドリームタイム(訳注、一部のオーストラリア先住民の神話で、最初の祖先が作成された「黄金時代」の事)のより高い状態のようです。
4次元領域は3次元領域に似て、物理的な側面はいくつかありますが、統一意識をもたらすキリストの意識が注入されています。 全く新しい世界…

〜〜〜

「身体構造は同じままなのに、原子レベルでは劇的に変化します。」

「あなたの内側の技術は非常に重要です。」🙂
 

ホワイトハットの乗っ取り–ザ・シフト

遅くなりましたが、5月のテリー・ウエイドさんの記事です。

〜〜〜

by  | Updated on 24 May, 2020 | Planet EarthTeri Wade | 3 comments

https://www.disclosurenews.it/white-hat-takeover-the-shift/

White Hat Takeover. By Teri Wade.

わずか数年間を振り返ってみると、わぁ、状況が変わったのは、ホワイトハットの乗っ取り(引継ぎ)が原因です。

彼らは私たちをシェアされた光のタイムラインに連れて行くよう人類を支援しています。

米軍内でのホワイトハットの乗っ取りの成功は、重要な要素でした。


宇宙の普遍法則は、私たちの種が自信を持って意識の変化を引き起こし、光のタイムラインへのグローバルな変化を果たすのを助けるように請願されました。

米軍のこれらの最高幹部は何が起こっているのかを理解し始め、戦争を通じて私たちの惑星を破壊したこの世界的な陰謀団を、乗っ取る計画を決めました。

トランプ政権は、このグローバルな惨劇を打倒するために、米軍の頂点に立つこれらのホワイトハットによって設置されました。 繰り返しますが、何も偶然ではありません。

ドナルド・トランプと彼の主導機関が配置され、何十年もの間働いています。

基本的に、これらのホワイトハットは、この世界的な陰謀団に対する抵抗をサポートします。

したがって、米国と世界の舞台で繰り広げられる極度の混乱があります。

北朝鮮との戦争に行く命令を受けることに対してシークレットミリタリーの拒否がありました。

米軍の内部反乱に直面して、トランプ政権は断固として彼らに立つように命じました。

宇宙法、普遍的な法則が認可され、米国は人類を光のタイムラインに向けるのを助ける、この乗っ取りを支援する追加のリソースを手に入れました。


歴史の中でこの時期にタイムトラベラーが配置され、このホワイトハット乗っ取りの遂行を支援しました。

彼らは、最も成功し、光に基づくタイムラインへのシフトを成功させるために人類を導くために最も力を発揮する特定の人々を選びました。

一部のダークな機関は、シフトが外部から変換または破壊されるまで、待たなければなりません。

しかし、ダークハットのリーダーシップの下にあったいくつかの主要な機関は、ホワイトハットのリーダーシップによって標的にされ、乗っ取られました。

 

合衆国政府と合衆国軍はホワイトハット指導部に引き継がれました。

ホワイトハットはまず、これらのダークハット運営機関の所有権と理事会を引き継ぎ、浸透させます。

ETはこのプロセスの主要な部分であり、これまでに開発された技術はどの人間の機関でも利用できるため、抵抗は無駄です。

ホワイトハットの所有権とリーダーシップが搭載されると、権威と権力の地位を築くことは非常に簡単なことです。

光学系は非常に重要です! つまり、時に既存のダークハットは、日中は担当しているように見え続けることも許されています。

シフトが開始されると、ホワイトハットが行動を起こし、すべての人々が見ることができるように乗っ取ります。

ホワイトハットが標的としている機関は、金融シフトをもたらす世界の金融システムです。金融シフトによりこの秘密のダーク政府から払い戻し、ライトベースの世界規模の金融システムの実装を開始します。

したがって、既存の闇をサポートしている組織は、かなりターゲットにされています。

メディアは他の機関であり、このダークアジェンダをサポートする重要なリソースです。 これらのメディア複合企業の多くは、かなり標的にされています。

したがって、トランプ大統領からメディアについての手厳しい、そして真実の非難(があります)。

この光ベースのシフトの後、恐らく言葉の戦争、闇が管理するメディアとホワイトハットが乗っ取ったメディアの間に情報戦争があるでしょう。

しかし、この戦いの結果は間違いないでしょう。

 

ホワイトハットに乗っ取られて真実に切り替わったメディアのコングロマリットが1つでもあれば十分でしょう。

シフト時にホワイトハットがすべての電波を引き継ぎます。

人間の光への移行も又標的にされています。

つまり、約束を無視した、または疑いを持っていた人々は、排除または交換されました。

まもなく、もうすぐに、人類はこれまでに想像されていなかった最大の変化を目の当たりにするでしょう。

現在のダークタイムラインからライトのタイムラインへの移行。

このシフトは、政治家、メディア、金融関係者からなるヒューマンチームによって開始され、すべての主要な機関のホワイトハットの乗っ取りにより支えられています。

繰り返しになりますが、ドナルド・トランプを配置することによる米国政府と軍の乗っ取りは、ホワイトハットの乗っ取りの鍵でした。

シフトの時に真実がすべての人々に伝えられて、そして世界中でホワイトハットの乗っ取りの発表が、トランペットされ(広くまたは大声で宣言され)ます。

人類の自由と私たちの惑星の解放が発表されます。

〜〜〜

ホワイトハットについてプレアデスが伝えて来てからしばらくになりますが、いよいよ9月10日16時、待ちに待ったトランプ大統領の発表です🌟

成功を祈ります🌟

マトリックスとシミュレーション–新しいマトリックス

開示ニュース| 2020年5月24日更新 | プラネットアーステリーウェイド


2020年5月の記事ですが、今のタイミングで読むとマトリックスについてさらに理解が深まるかもしれません。

〜〜〜〜〜〜〜

私たちが住んでいるマトリックスは、人体の形で意識を物理的に表現するために必要な光を提供するグリッドシステムです。

地球のマトリックスは乗っ取られ、私たちを周波数を通して制御するコントローラーに支配されました。

新しいマトリックスは肉体の意識にいて上昇を可能にします。これまでに決して行われたことがない…

繰り返しますが、私たちは大実験です!

アセンションの道を進んでいる人たちは、この新しいグリッドに徐々にチューニングしています。

多くの人々にとって、これが現実のものではないことを納得するのは困難ですが、私たちが住んでいるこのマトリックスは、私たちが住んでいるようにプログラムされたホログラフィックな現実にすぎません。

唯一の現実は自己の存在です。

私たちが住んでいる環境は小道具で構成されています。それはすべて幻想です。

私たちは、信じられないほど強力なスーパーコンピューターによって制御されるホログラフィック投影であるシミュレーションに住んでいます。言うならば、それが周波数で私たちの意識を永年にわたりコントロールしてきました。

考えてみてください…私たちが知っている全てが、私たちが参加しているこのシミュレートされた物理的な領域(物理的な3D宇宙全体)内にあるとわかったら、真の現実はこの世界と少しも似ていないと、あなたは考えなければならないでしょう


2つの世界の分裂があり、私たちはちょうどその先端にいます。そのため、この非物理的な多次元の世界は、私たちの3次元の人間の心には完全に計り知れないということだけが理にかなっています。

私たちが住んでいるこの物理的な3D現実は、完全に制限され、信じられないほど限定的です。つまり、起こっていることは、私たちが今存在している周波数が微調整されていて、あなたがその周波数を少しだけ微調整すると、すべての創造を通して、記念碑的な惑星の変化が送信されるということです。

あなたがそれについて本当に考えると、私たちが行ったことは、より高い領域にまだ存在していながら、物理的な人間のボディーでこの惑星に具体化(転生)したことです。

私たちは、より高い存在平面からDNA操作を介してまさに切り離されていました。

しかし、今私たちのハイヤーセルフのこれらの高い周波数を通して、あなたの魂は今戻ることができます。

今いる世界とは違って、それは素晴らしい世界でしょう。

私たちがしなければならないこと、そしてそこに到達することは、この肉体にいる間、それらのより高い領域との接続とコミュニケーションを維持することです。

今、私はあなたの頭をまさに混乱させましょう…転生の過程を通じて、意識のより高い状態から切り離された物理的存在は、真のシミュレーションですか?

〜〜〜翻訳ここまで〜〜〜

「私たちが住んでいるマトリックスは、人体の形で意識を物理的に表現するために必要な光を提供するグリッドシステムです。」

「肉体の意識にいて上昇を可能にする新しいマトリックス」を宇宙で初めて体験!!!🙂

地球の歴史-プレアデスの教え パート10-イエス・キリストの実話

開示ニュース| 2020年5月24日更新| プラネットアース、テリーウェイド

大衆の罪を癒すために犠牲にされた人の寓話的な物語は、私たちの2000年の期間の前に何度も起こりました。

この物語は地球の歴史を通して何度も繰り返されてきました。

他の文化を掘り下げると、非常によく似たストーリーのイメージを持つ同じストーリーラインが見つかります。

救い主があなたの罪のために死んだという考えは、闇のものたちによって演じられました。それは問題が解決されないよう、自分自身の外に責任を負わせるように人類を仕向ける試みでした。

これについてはっきり言いますが、あなたの罪のために誰も死なないでしょう!

何故ならあなたには自由意志があり、あなたはあなたがするすべてのことに対して責任があり、許されないエラーやあなたに欠陥を引き起こすエラーなどはありません。

あなたは神、ソースがあなたを作成した日と同じくらい完璧です、そしてあなたは常に完璧で無実で聖なるものです。

イエスと呼ばれるソウルは、サナンダの血統の直接の断片でした。言い換えれば、サナンダはイエスのオーバーソウルです。

サナンダは再び悲しみと無知の中で人間がもがくのを見ていました。

彼は介入して私たちの自由意志を尊重する方法で助けたいと思ったので、紀元前39年頃にジョセフとマリアの息子として転生しました。

この情報は、聖書の物語とよく一致しています。

イエスの誕生日は3月31日頃でした。 サナンダと8番目の密度の天の存在はイエシュア(イエス)として転生しました。

彼が生まれた非常に密度の高い環境にもかかわらず、8番目の密度から彼は精神的な能力の多くを保持していました。

若い頃、彼は非常にサイキックで、起こってくる多くの出来事を予測していました。

ジョセフとメアリーは政治体制と対立しており、メアリーが妊娠したとき結婚していませんでした。 処女の誕生はすべて嘘でした。

特定のET派閥は他の方法で女性を妊娠させる能力を持っていますが、メアリーは普通に妊娠しました。

結婚制度から外れて出産したため、ジョセフとメアリーは当局の社会的、政治的、抑圧的な信念から身を引いていました。

メアリーとジョセフはそれから死海の近くのガリラヤに移住しました。


メアリーとジョセフは、ガリラヤで会ったエッセネ派にイェシュアの世話をまかせ、彼をおいて離れました。

イェシュアは最終的にエッセネの方法を学ぶエッセンのオーダーに加わりました。

エッセネ達は厳格な菜食主義者であり、すべての生命体を尊重するようイエシュアに教えました。

イエシュアは16歳のときにインドを旅し人生の謎を研究していた時に、何人かのグル (指導者)と聖人達に会いました。

彼はインドでの研究を終え、両親に会うためにガリラヤに戻り、そこでダンサーでエンターテイナーで、困難な時に短期間売春をしていたメアリーマグダレンに会いました。

イェシュアとメアリーは深く愛し合い子供をもうけました。 彼らは結婚しておらず、社会的にアウトローになりました。

イエシュアのエッセネ派の友人たちは、彼とメアリーが安全のために寺院にとどまることを許可しました。

再び、イェシュアはマリアと一緒にインドに旅行しましたが、そこで彼らの若い息子は精神的なグルに恵まれました。

やがて、メアリーマグダレンには違法な子供がいたという知らせが出ましたが、父親が誰であるかは誰も知りませんでした。

子どもの命(の危険)を恐れて、メアリーとイエシュアはその子の世話をインドの聖人に託しました。

彼らがインドに戻ることができたのは数年後です、彼らは息子が大丈夫であることを知っていましたが、息子のことをとても恋しく思っていました。

息子を訪問した後、メアリーとイェシュアは息子がそこで育ったインドのグルに世話を任せました。

政治情勢は不安定でリスクが高すぎて、息子をガリラヤに戻すことはできませんでした。

彼らの息子はインドで育ち、彼の教えで非常に賢い賢人になりました。

この時期、イエシュアにはスピリットと彼のソウルファミリーからより高い精神的なビジョンが放たれ、より高い精神的な原則を聞こうとする全ての人に教えるよう言われました。

彼は20代後半に教え始めかなりの支持者が集まり約50人の弟子がいました。

彼とマグダラのマリアは彼らの子供のことを完全に秘密にしていました。

高度な透視能力のあるイェシュアは、当局が最終的に彼を殺そうとしているのを見ましたが、彼自身のソウルは精神的原則を教え続けるよう彼に告げていました。

彼の教えは聖書の中でひどく歪曲されましたが、いくつかの真実はなんとか(歪曲を)免れました。

彼はあなたの敵を許してお互いを愛し、我々みんなに彼のような、つまりヒーリングと予知のすべての能力があることを教えました。


また、私たちは神に到達するために、愛である私たちの創作者に似せて造られ、ソースは彼だけではありませんでした。

いったんイェシュアが一定レベルの意識に達すると、彼の宇宙家族は彼と交信し始め、神権における彼の立場を思い出させました。

イェシュアが十字架にかけられた時に、彼は聖書で語られているように3日間苦しむのではなく、即座に意識的に体を離れました。

体を離れた後、彼はホログラフィックに自分自身を人間の形に何度も投影して戻り、弟子たちとメアリーマグダレンの前に現れました。

イエシュアの遺体は墓に残されました。(遺体が消えたのは)墓荒らしがそれを盗んだからです。

彼はボディを復活させる必要はありませんでした。 8番目の密度に戻った後、彼はすでに新しいボディを具体化することができたからです。

キリストの再臨は、より高い密度のキリスト意識または天の意識への復帰を指しています。

私たち皆が知っているように、キリスト教はイエシュア、イエスのオリジナルの教えとほとんど関係ありませんが、罪や罪悪感と大いに関係があります。

幸いにも、私たちの多くは意識状態を拡大していて、これらの限られた原始的な信念を超えて見ています。

地球の歴史–プレアデスの教え–終

地球の歴史–プレアデスの教え パート9- エジプト

開示ニュース| 2020年5月24日更新| プラネットアース、テリーウェイド

古代エジプトの時代とイエス・キリストの時代に、この人間の種に長い間注意が向けられてきました。

アトランティスの破壊の後も光と闇の戦いは続きました。

この惑星は、啓蒙と支配そして腐敗の間でシーソーをしているように見えました。エジプトがその好例でした。

オリオン、シリアン、ドラコ、アドロメダンに失われた人類の遺伝的青写真を復元するために、第7密度のプレイアデス人のグループが決定されました。

ナイル川にたどり着いた人間達は、プレアデス人が最初に訪問した人々であり、この7番目の密度のプレアデス人のグループを率いていた教師はトートと呼ばれました。

トートは青白色の光を放つ輝くヒューマノイドでした。

トートは、ナイル川にたどり着いたアトランティスの生存者に真実を伝えることができるように、彼の振動を十分に低くすることができました。

トートは大ピラミッドの背後にいるエンジニアでした。

偉大なピラミッドは多くの目的を果たしましたが、その主な目的はアセンションチャンバーと地球のグリッドシステムのコントロールでした。

しかし、この大ピラミッドはオリオンとドラコの派閥の干渉により、アセンションチャンバーの目的を果たすことができませんでした。

またそれには、入ってきた高次密度のプレアデス人が、彼らがかって視覚化した人間存在の元の青写真を持ち帰るポータルとしての働きもありました。

第7密度のプレアデス人は、空中浮揚とレーザー技術を使用して、トートによって設計されたこの大ピラミッドをほんの数日で構築しました。

プレアデス人は他の人々と一緒にピラミッドの地下数千フィート(約600〜900メートル)にある記録のホールの建設を助けました。

スフィンクスは、このアセンションポータルの入り口を示すために建てられました。

やがて、シリウスB星系のシリアンたちが地球に到着し始め、エジプト人、プレアデス人やトートが指揮した業績を解明し始めました。 キリスト、ユダヤ、ギリシャの神話はシリウス人から来ています。

 

シリウス人は非常にサイキックで知的な存在でしたが、非常に大きな自我の問題を抱えていました、そして人間からは尊敬されていました。

これが崇拝の始まりでした!

シリウス人は、これらのより精神的に劣った人間存在に彼らの奇跡的な力を示すことによってこの茶番を非常に微妙に始めました。これらの人間達はこの茶番を見抜くことができませんでした。このようにして、シリウスの神々が始まりました。

旧約聖書の神エホバは第7密度のシリウス人であり、非常に自己中心的な存在でした。

旧約聖書は、これまでに書かれた最も血まみれで暴力的な本の1つです。 あなたは非常に高度に進化した存在が、1つの種族を互いに貶めさせるだろうかと自問する必要がありますか?(ないでしょう?)

彼は自分の原則に盲従するように命令するだろうか? クリスチャンとユダヤ人の聖書学者たちは、古代の教えに戻って研究する必要があります。

彼らは平和と意識の進化を促進しましたか、それとも分裂、対立、従順を促進しましたか?

エジプトは崇拝と犠牲に陥り始めました。 この時、ドラコ、オリオン、アビアン(Avian、鳥族)が再びやって来て一緒になり、人間との交配を始めました。

したがって、一部はレプティリアン、一部は鳥、一部は人間の形でエジプト人の絵の中に描かれました。 鳥の人々は、創造的なDNA工学の結果であるドラコ、アンドロメダンのハイブリッド種族でした。

 

彼らはシリウス人(がやった)のように、従順な人々を奴隷にするために優れたテクノロジーのサイキックパワーを使いました。 これら崇拝されたエジプトの神々について、エジプトの洞窟中でこれらの古代の絵を見ることができます。

プレアデス 人は再び彼らの実験(検体)が歪んでドラコ、オリオン、アンドロメダン人種になるのを見て、自分たちの内面に後退し、エジプトは比較的暗い時代に陥りました。

ミステリースクール、犠牲、ミイラ化と崇拝は、すべてプレアデスの教えを破壊しました。

もしトートとプレアディアンの教えが完全に(人々に)統合されていたら、腐敗は起こらなかったでしょう。

地球の歴史–プレアデスの教え パート8ーレムリアからアトランティスへ

開示ニュース| 2020年5月24日更新| プラネットアース、テリーウェイド


レムリアからアトランティスへの移行

この間、ドラコとオリオンは地球の上に巨大な艦隊を抱えていました。

これらの船は主に第4密度でした。

これらの2つのグループは、技術と非論理的な学問を交換し合い、敵対関係に入らないことに基づく緩い同盟関係にありました。

これらのテクノロジーの1つは、地球の周りのエーテル場を破壊するために使用される非常に強力な電磁ビームであり、敵が地球に来るのを防ぐための力場を作成しました。

ルメリアが破壊された後に地球が隔離されました。なぜなら地球は嫌な場所、平和な愛情深いグループを定住させるにはあまり望ましい場所ではないと知られるようになったためです。

第7密度のプレアディアン人は、ドラコとオリオンの腐敗が私たちの宇宙のより高いエーテル性の領域に流れ込むのを防ぐために、地球の周りに検疫を配置しました。

それで、基本的に彼らは地球を封鎖して地球の腐敗とビジネスをそのままにしました。 このベール、この振動検疫は西暦1987年まで解除されませんでした。

【これ(1987年)は、ハーモニック・コンバージェンス(訳注、調和的収束:H・Cは、「ケツァルコアトルの預言」というマヤの伝承に基づいている時間。ホゼ&ロイディーン・アグエイアス夫妻の呼びかけで世界規模の平和の祭典、1987.8.16〜17が行われた)として知られている時間でした。】

この時点で、プレアデス人はルメリアが破壊された後、物事が落ち着き始め今は大西洋になっている地球の大陸に(人類が)再び定住し始めたのを見ました。

覚えておいてください、爬虫類の体のドラコはこの振動や重力の中で生きることができなかったので、生き残ったルメリア人と共に転生し始めました。

これらのルメリアの生存者のDNAは、主にオリオン、シリウス、アンドロメダのDNAで、ドラコのエネルギーを持っていました。 新しい文明がプレアディアンを成長させ始めたので、ドラコニアンとオリオンのDNAは変異し始めました。

これらの新しい存在達は、彼らの進化においてより科学的で知的になりました。 これがアトランティスの始まりでした!

これらの新しい人間にはまだ爬虫類の脳がありましたが、これら新しい人間の大脳皮質はプレアディアンの高い美徳と理解を発達させていました。

その文明はすべての技術的な成果において、今日の文明のような在り方を始めました。

プレアディアンのより高い精神とオリオンの情熱およびドラコの競争力が組み合わさり、機械と素晴らしい建築物の構造化された世界になりました。 覚えがありますか?

しかし、この時点で検疫はすり減っており、多くの不快なキャラクターが再び地球にやって来て、手短に言えば私たちはアトランティスの滅亡に至りました。

これは、結晶エネルギー生成システムの誤用によるものでした。

アトランティスの終わりの約2000年前に、科学者は水晶振動子を使用してラジオニクスデバイスを開発し、文明のあらゆる部分にパワーを供給するために必要なすべてのエネルギーを生成することができました。

このエネルギーは、社会の不快な側面を誘惑するのに十分強力でした。

数人のアトランティスの科学者がオリオングループの交易テクノロジーと契約を結び、最高の力を獲得しました。

これは、特定の地球の派閥で今日起こっていることに似ています。 オリオン人はこのエネルギーに気づき、それを使って武器を作成する技術開発を始めました。

しかし、これらの非常に強力なクリスタル発電機の1つが爆発してアトランティス大陸とその住民のほとんどを沈めたので、オリオン人はこの技術で戦争をする機会がありませんでした。

エアシップ(航空船)と海上の船(シップ)でほんの一握りだけが助かり、海に船で脱出しようとした人々の90%以上が大津波で溺死しました。

これらのシップで逃げた人々は、南米と中央アメリカそしてエジプトに転居しました。

科学的に仕向けられたアトランティスのハイブリッド達は、ルシフェリアン達のように再び彼らの感情を抑制しました。
(訳注、ルシファー 『Lucifer、ルキフェル、ルシフェルとも』 は、明けの明星を指すラテン語であり、光をもたらす者という意味をもつ悪魔・堕天使の名である。 キリスト教、特に西方教会(カトリック教会やプロテスタント)において、堕天使の長であるサタンの別名であり、魔王サタンの堕落前の天使としての呼称、出展:Wikipedia)

つまり、彼らは霊的(スピリチュアル)な方向に向かうのではなく、もう一度肉体的な力を欲するようになりました。良くありません…

もしアトランティス人が彼らの身体にいながら精神的にそして感情的にバランスがとれていたら、何が起こっているのかを見てとり、それを防ぐための措置をとっていたでしょう。

これが今日起こっていることだと私は信じています。私たちの多くは、より高い振動の現実を通して私たちの世界で何が起こっているのかを見ています。

地球の歴史–プレアデスの教え パート7ールシフェリアンの反乱

開示ニュース| 2020年5月24日更新| プラネットアース、テリーウェイド

地球の振動が落ちるにつれて、他の多くの星系(の存在)が具現化するようになりました、それらのほとんどは第4密度でした。

地球は多くの人種の混合となり、オリオン人が支配し始めました。

オリジナルのドラコとは異なり、具現化のプロセスを経て地球に直接上陸することができました。

そのため、彼らの数はドラコの数よりも劇的に増加しました。

ドラコの爬虫類の体は、地球の大気と重力に順応するのに非常に苦労しました。

プレアデス人は何が起こっているのかを狼狽して見ていましたが、その時点では彼らが干渉することは許されませんでした。

それは彼らが彼らの検体が暴走してそれを封じ込めることができなくなるのを見ているようなものでした。 彼らは幸せではありませんでした。

第7、8、9密度の大天使とアセンデッドマスターのあるグループも地球を見守っていました。

大天使ミカエルと後にルシファーと名付けられたアセンションした存在でした。

ルシファーは、地球の魂に彼らの感情を制御し彼らの知的能力にもっと気づいて、否定的な派閥に簡単に左右されないように教えることで、地球上のカオスを減らす計画を考案しました。

あるソウルグループが地球にやって来て、地球の存在が自分の感情を制御できるように、ルシファーが訓練するのを手伝いました。 計画は裏目に出ました!

魂が感情を抑圧し始めたとき、彼らの振動が第4密度を下回って第3密度に落ちるまで、魂はより断片化されました。 3D人類にはお馴染みの話に聞こえますか?

自己の一部を抑制すると、あなたの力と意識が低下します…良くないことです!

男性の恥の感情のような、ビクトリア朝の性的欲望の抑圧はすべて、ルシファーの哲学に起源があります。

大天使ミカエルは地球で何が起こっているのかを見て、もはや起こっていることを座って見てはいられませんでした。

大天使ミカエルは、彼らの振動を落として地球に転生することを決めたグループを持っていました。

これはすべて、ここ地球で再び魂の振動を上げるために計画されました。

大天使ミカエルと彼のグループが地球に転生すると、彼らはこの惑星を苦しめている悪を見始め、それについて何かをすることに決めました。

ミカエルは光の極性を取り、ドラコはダークサイドの極性を取りました。 したがって、二元性。

その間、ルシファーは光と闇の間のこの戦いを見ることに大きな誇りを持ち、戦いが続くのを見守りました。

彼の目標は、闇における光の間のこの最高の戦いに誰が勝つかを見ることでした。 彼はすべての思いやりを失っていました。

ルシファーは戦場で兵士たちに彼らの感情を抑えて苦しみと悲惨さを強めるように教えました。

一方、大天使ミカエルは彼のプレーヤー達に思いやりを持ち、ルシファーが訓練した失われた魂を理解しようとするように教えました。

天国での戦争

ルシファーが大天使ミカエルが何をしていたかを見たとき、彼は地球上のアストラルとエーテルの平面でミカエルと彼の軍隊との戦いを繰り広げました。 これは天国での戦争となりました

天国での戦争は約1000年続きました。


その時、地球上には約10億人が住んでいました。 その時点での地球上での戦闘のほとんどは地域的なものであり、通常の武器のみを使用していました。

1000年の戦いの後、ルシファーは戦争を停止することに同意しました。


物事は落ち着き始め、存在達は再び第4密度の存在として転生し、それから26,000年のサイクルが巡り別の時代になりました。

繰り返しになりますが、私たちは2020年に水瓶座の時代に入りましたが、(この話は)現在の時間に馴染んでいるように聞こえますか?

この(サイクルの)シフトにより、大地震で地球の人口の約半分が一掃されました。 聞き覚えがありますか???

大陸が移動し、これによりルメリア(Lumeria、レムリア?)大陸が始まりました。

再び、およそ3つのグランドサイクル後、地球上のほとんどの大陸を浸水させた別の破壊的なイベントがありましたが、ルメリアは残りました。

これは3600年サイクルのニブルシステムですか?? 歴史はそれ自身繰り返されますか? 点の(上にいる)人々を結びつけてください!

浸水した大陸で死んだ魂はルメリアに生まれ変わりました。 これが第2ルメリア期間となりました。

しかし、(その後)この(ニビル)システムが地球を通過すると、尾が大気を吹き飛ばし、数時間で温度を暑い熱帯から摂氏10度 (50°F)に変更して、それらのほとんどを凍結しました。

何が起こっているのかを知っていた人々が海に逃げ出し、海の中へと歩いて溺れた人もいました。 巨大な水中都市を建設しようとした人もいましたが、失敗しました。 ルメリア大陸が海に沈みました。

少数の生存者はオーストラリア、南アメリカ、ハワイ、フィリピンに移住しました。

私たちの存在全体を抑制してきたもの、ドラコは宇宙での核爆発による彗星や惑星の接近通過の背後にあるものの一つであったということです。彼らはここの文明を破壊するためにこれらの彗星のコースを意図的に地球に向けました。

彼らは地球の全人口を完全に一掃して、彼ら自身が着陸して地球を支配できるようにしたかったのです。 彼らはこの試みで部分的にのみ成功しました。

彼らは、自分たちの生来の爬虫類の体が地球の大気と重力では住むことができないのがわかり、残りの人口と一緒に大量に転生し始めました。

ドラコレプティリアンは、宇宙船の研究室で長年DNAサンプルのスプライシングとダイシング(訳注、DNAを結びつけたり細かいピースにする操作のこと)を行い、人間とドラコのハイブリッドを思いつきました。

彼らは、このハイブリッド化をレプティリアン(爬虫類)DNAを地球の人間の脳の小脳部分に注入することで行い、(人間は)急速に変移しました。

このように、今日では爬虫類脳と呼んでいる部分は、私たちに攻撃的で競い合うような戦いや逃避行動をとらせる場所です。

今日、人間のDNAの約80%はオリオンとドラコのハイブリッドです。 人間の本性であると考えられているのは、実際にはドラコオリオンの種族から転生を通して(入って)来た私たちの脳のハイブリッドの部分です。

したがって、私たちの元の種のオリジナルのDNAの設計図(ブループリント)は、人間存在に計画されていた能力の20%に削減されました。

つまり、人間存在の元の青写真に起こったドラコレプティリアンによるこのようなDNAの格下げのために、基本的に私たちは好戦的で野蛮な非共感的な存在に格下げされたということです。

地球の歴史–プレアデスの教え パート6ー地球 自由意志の惑星

開示ニュース| 2020年5月24日更新| プラネットアース、テリーウェイド

これらのネネガティブなETグループ(ドラコ、グレイなど)によるDNAコードと進化する地球のソウルとの混合は、エネルギー伝送と大量の転生を通して行われ、プレアデスの実験全体を破壊しました。
したがって、他者に対する支配と権力を望むエゴベースの考え方がやって来ました。
突然エゴがやってきて担当したとき、私たちの惑星に何が起こったのか分かりますか?

核兵器の導入は、この惑星と私たちの銀河のすべてを変えました。

地球は自由意志の惑星なので、原子力の発明とマルデックの完全な破壊までは、これらのポジティブな派閥は関与することができませんでしたがそれは変わりました。

4番目と5番目の密度の校正を行っているソウルは、自動的に振動的に保護されたフィールドに入ります。


この意味を間違って取らないでください。密度のより高いこれらの人々は保存されます。そして地球上にあるルシフェリアンの要塞から脱却するために重要な情報をこれらの人類に中継して、必要な場合にスターゲートとポータルへのアクセスが許可されるだけなのです。
すべての魂には、このルシフェリアンの幻想から解放されることが可能です、あなたはただ問いかける必要があるだけです。そしてあなたは受け取ります…それが神の法則です。


パンゲアの大洪水の後、すべての生命体はこの出来事から回復し始めました。

マルデックと火星の大気圏が破壊された後、多くの人々がここ地球に転生し、人口が劇的に増えました。

この時点では、地球はまだ熱帯のジャングルであり、90%が水で覆われていました。

地球上のマルデックと火星からのソウルの転生の増加に伴い、地球は彼らと一致するように振動を落としました。

現在の私たちの状況で何が起こっているのか確認していますか—、つまり、私たち全員が地球上で感じてわかっている、水瓶座の時代への移行に伴うより高い周波数に—より低い振動の存在はもはや支配を維持できず、そのために信じられないほどの混乱が 現在地球で起こっています。

認識レベルが5第密度を下回ると近隣の惑星からのソウルは、引き寄せの法則をのぞいて当時は調整されていなかった、地球へのポータルやスターゲートに今アクセスできるようになっています。

DracoとOrionはすでにここにいましたが、地球の振動が落ちた時に大量にやって来ました。

地球の歴史–プレアデスの教え パート5ー火星 

開示ニュース| 2020年5月24日更新| プラネットアース、テリーウェイド

マルデクの破壊後、生存している魂は火星に転生し、そこでプレイアディアンはその集団との実験を続けていました。

しかし、真夜中にいわばプレアデスの研究所が侵入され、彼らのDNA実験サンプルが盗まれました。

それで今やドラコは、プレアデス人が担当しモニターしていた人間の実験のDNAサンプルを手に入れました。


Mars Was Like Earth – Warm and Humid

一方、ドラコとオリオンの存在達は、プレアデスの実験(対象)であった火星の人型生物と交配し始めました。

人口は極端に(増えて)1億人のソウルまで達しました。

火星の大気は薄く、太陽からも離れているため、この惑星はそのような増加する人口を収容できませんでした。 不安が高まりました…

マルデックの破壊により火星の軌道が変化したため、気候は厳しくなり水が不足しました。

水不足のせいで大戦争が勃発し、重金属を使った汚い核兵器の形成がウランとプルトニウムを使って湧きおこりました。

これらの敵対する派閥はプレアディアン、グレートホワイトブラザーフッド、光の連合によって何度も警告されました。

これらのポジティブな派閥は、これらの武器の多くを無効にしたため、マルデックの繰り返しはありません。 これはおなじみの時代のように聞こえますか??

さて、これらの武器を使って戦争が勃発し大気中に穴を開け、火星の表面が破壊されました。ほとんどの地表の生命は絶滅し多くは地下に行きました。

大規模な文明が地下に建設されました。

これらの文明の科学者たちは、封鎖された人工環境を作り出しました。

火星の表面には、今過去の遠い文明を連想させるピラミッドと長方形の建物がいくつか残っています。

現在、文明は第4密度で火星の地下にまだ存在しており、私たちには見えません。

火星で地下に行かなかった何百万もの魂はどうなったのですか?
あなたは、彼らが地球に移動し、プレアディアン、ドラコニアン、オリオン、そしてパンゲアの破壊以来再編成した他の多くの人種のるつぼに生まれ変わったと推測できます。

地球の歴史–プレアデスの教え パート4ー暴力の始まり 

開示ニュース| 2020年5月24日更新| プラネットアース、テリーウェイド


1000万年前、地球、火星、マルデックという生命を宿す3つの惑星がありました。
パンゲアの大洪水によって追放された生物の多くは、火星とマルデックに転生しました。それらは地球より厳しい条件でしたが、赤道の場所に森林があり、十分な水がありました。

これらの魂のほとんどは、第4密度の存在として転生しました。 想像力、思考創造、そして夢の状態の領域です。


他の多くの星系がこれらの惑星に興味を持っていました。星系の1つは偵察船を地球に送ったドラコでした。

ドラコとオリオン星座の別のグループは地球の征服を計画していましたが、プレアデス軍は地球を非常に近くで見守っていて、それを起こさせないようにしていました。

それはドラコがプレアデス人の実験室に入ってきて、プレアデス人の地球実験を引き継いでいると彼らが言っているようなもので、プレアデス人達はそれを起こさせなかったのです。

当時、プレアデス人は地球の周りに保護振動を持っていました、そしてその時は惑星を乗っ取るようなことは起こりませんでした。

しかし、火星とマルデックには保護バリアがありませんでした。なぜなら率直に言うとこれらの2つの惑星はプレアデス人の土地ではなかったからです。

最初はドラコとオリオンからの存在が火星とマルデックの環境で生活するのは非常に困難でした。そのため、彼らは生まれ変わりの過程を通して入り込み始めました。

これらのドラコとオリオンの存在は非常に攻撃的で戦士のようなメンタリティをもっていました。

彼らが地球の太陽系に来る主な目的は、征服と資源の採掘でした。

基本的に彼らに力と名声を与えるものなら何でも(求めます)。

これらの存在達はソースへの接続を失っていました。

戦争の始まり
地球はプレアデス人によって非常に注意深く見守られていたので、ドラコはマルデックに大量に転生することに決めました。彼らは石から素晴らしい都市を築きました。

これらの都市には、攻撃を防ぐために巨大な要塞が周囲にありました。 マルデックは、原子力発電の開始とともに、戦争をする惑星になりました。

この時点で、住民のDNAはドラコとオリオングレイの混合で、どちらも攻撃的で戦争を好む傾向がありました。

当時の科学者たちはこの兵器(訳注、武器の詳細は不明ですが、他の似たような種族から譲り受けたものかもしれません。)の破壊能力に気づかず、地下の軍事基地で発砲があり、その基地内には数百の他の核兵器がありました。(追記、メタトロンによる別のストーリーでは、マルデックを支配していたウルフの種族がレプティリアン女王からデススターのような武器を譲り受け、利益をめぐる内輪もめで破壊したとありました)

この大規模な爆発は、他とは異なる地震の反響をもたらしました。

この爆発は惑星マルデックを引き裂き、それを数百の破片に破壊しました。これが現在私たちの(太陽系の)小惑星帯です。


この破壊で1000万人の魂が亡くなり、後にこれらの魂は火星に生まれ変わりました。

この爆発により、最終的に地球と火星の軌道が変わりました。この破壊的なイベントは、プレアデスのアルシオーネ評議会とグレートホワイトブラザーフッドに大きな懸念をもたらしました。

ここで、この銀河でこのような出来事が二度と起こらないように規定されました。

私たちの現在の状況との関連が分かりますよね?