地球の歴史-プレアデスの教え パート10-イエス・キリストの実話

開示ニュース| 2020年5月24日更新| プラネットアース、テリーウェイド

大衆の罪を癒すために犠牲にされた人の寓話的な物語は、私たちの2000年の期間の前に何度も起こりました。

この物語は地球の歴史を通して何度も繰り返されてきました。

他の文化を掘り下げると、非常によく似たストーリーのイメージを持つ同じストーリーラインが見つかります。

救い主があなたの罪のために死んだという考えは、闇のものたちによって演じられました。それは問題が解決されないよう、自分自身の外に責任を負わせるように人類を仕向ける試みでした。

これについてはっきり言いますが、あなたの罪のために誰も死なないでしょう!

何故ならあなたには自由意志があり、あなたはあなたがするすべてのことに対して責任があり、許されないエラーやあなたに欠陥を引き起こすエラーなどはありません。

あなたは神、ソースがあなたを作成した日と同じくらい完璧です、そしてあなたは常に完璧で無実で聖なるものです。

イエスと呼ばれるソウルは、サナンダの血統の直接の断片でした。言い換えれば、サナンダはイエスのオーバーソウルです。

サナンダは再び悲しみと無知の中で人間がもがくのを見ていました。

彼は介入して私たちの自由意志を尊重する方法で助けたいと思ったので、紀元前39年頃にジョセフとマリアの息子として転生しました。

この情報は、聖書の物語とよく一致しています。

イエスの誕生日は3月31日頃でした。 サナンダと8番目の密度の天の存在はイエシュア(イエス)として転生しました。

彼が生まれた非常に密度の高い環境にもかかわらず、8番目の密度から彼は精神的な能力の多くを保持していました。

若い頃、彼は非常にサイキックで、起こってくる多くの出来事を予測していました。

ジョセフとメアリーは政治体制と対立しており、メアリーが妊娠したとき結婚していませんでした。 処女の誕生はすべて嘘でした。

特定のET派閥は他の方法で女性を妊娠させる能力を持っていますが、メアリーは普通に妊娠しました。

結婚制度から外れて出産したため、ジョセフとメアリーは当局の社会的、政治的、抑圧的な信念から身を引いていました。

メアリーとジョセフはそれから死海の近くのガリラヤに移住しました。


メアリーとジョセフは、ガリラヤで会ったエッセネ派にイェシュアの世話をまかせ、彼をおいて離れました。

イェシュアは最終的にエッセネの方法を学ぶエッセンのオーダーに加わりました。

エッセネ達は厳格な菜食主義者であり、すべての生命体を尊重するようイエシュアに教えました。

イエシュアは16歳のときにインドを旅し人生の謎を研究していた時に、何人かのグル (指導者)と聖人達に会いました。

彼はインドでの研究を終え、両親に会うためにガリラヤに戻り、そこでダンサーでエンターテイナーで、困難な時に短期間売春をしていたメアリーマグダレンに会いました。

イェシュアとメアリーは深く愛し合い子供をもうけました。 彼らは結婚しておらず、社会的にアウトローになりました。

イエシュアのエッセネ派の友人たちは、彼とメアリーが安全のために寺院にとどまることを許可しました。

再び、イェシュアはマリアと一緒にインドに旅行しましたが、そこで彼らの若い息子は精神的なグルに恵まれました。

やがて、メアリーマグダレンには違法な子供がいたという知らせが出ましたが、父親が誰であるかは誰も知りませんでした。

子どもの命(の危険)を恐れて、メアリーとイエシュアはその子の世話をインドの聖人に託しました。

彼らがインドに戻ることができたのは数年後です、彼らは息子が大丈夫であることを知っていましたが、息子のことをとても恋しく思っていました。

息子を訪問した後、メアリーとイェシュアは息子がそこで育ったインドのグルに世話を任せました。

政治情勢は不安定でリスクが高すぎて、息子をガリラヤに戻すことはできませんでした。

彼らの息子はインドで育ち、彼の教えで非常に賢い賢人になりました。

この時期、イエシュアにはスピリットと彼のソウルファミリーからより高い精神的なビジョンが放たれ、より高い精神的な原則を聞こうとする全ての人に教えるよう言われました。

彼は20代後半に教え始めかなりの支持者が集まり約50人の弟子がいました。

彼とマグダラのマリアは彼らの子供のことを完全に秘密にしていました。

高度な透視能力のあるイェシュアは、当局が最終的に彼を殺そうとしているのを見ましたが、彼自身のソウルは精神的原則を教え続けるよう彼に告げていました。

彼の教えは聖書の中でひどく歪曲されましたが、いくつかの真実はなんとか(歪曲を)免れました。

彼はあなたの敵を許してお互いを愛し、我々みんなに彼のような、つまりヒーリングと予知のすべての能力があることを教えました。


また、私たちは神に到達するために、愛である私たちの創作者に似せて造られ、ソースは彼だけではありませんでした。

いったんイェシュアが一定レベルの意識に達すると、彼の宇宙家族は彼と交信し始め、神権における彼の立場を思い出させました。

イェシュアが十字架にかけられた時に、彼は聖書で語られているように3日間苦しむのではなく、即座に意識的に体を離れました。

体を離れた後、彼はホログラフィックに自分自身を人間の形に何度も投影して戻り、弟子たちとメアリーマグダレンの前に現れました。

イエシュアの遺体は墓に残されました。(遺体が消えたのは)墓荒らしがそれを盗んだからです。

彼はボディを復活させる必要はありませんでした。 8番目の密度に戻った後、彼はすでに新しいボディを具体化することができたからです。

キリストの再臨は、より高い密度のキリスト意識または天の意識への復帰を指しています。

私たち皆が知っているように、キリスト教はイエシュア、イエスのオリジナルの教えとほとんど関係ありませんが、罪や罪悪感と大いに関係があります。

幸いにも、私たちの多くは意識状態を拡大していて、これらの限られた原始的な信念を超えて見ています。

地球の歴史–プレアデスの教え–終

地球の歴史–プレアデスの教え パート9- エジプト

開示ニュース| 2020年5月24日更新| プラネットアース、テリーウェイド

古代エジプトの時代とイエス・キリストの時代に、この人間の種に長い間注意が向けられてきました。

アトランティスの破壊の後も光と闇の戦いは続きました。

この惑星は、啓蒙と支配そして腐敗の間でシーソーをしているように見えました。エジプトがその好例でした。

オリオン、シリアン、ドラコ、アドロメダンに失われた人類の遺伝的青写真を復元するために、第7密度のプレイアデス人のグループが決定されました。

ナイル川にたどり着いた人間達は、プレアデス人が最初に訪問した人々であり、この7番目の密度のプレアデス人のグループを率いていた教師はトートと呼ばれました。

トートは青白色の光を放つ輝くヒューマノイドでした。

トートは、ナイル川にたどり着いたアトランティスの生存者に真実を伝えることができるように、彼の振動を十分に低くすることができました。

トートは大ピラミッドの背後にいるエンジニアでした。

偉大なピラミッドは多くの目的を果たしましたが、その主な目的はアセンションチャンバーと地球のグリッドシステムのコントロールでした。

しかし、この大ピラミッドはオリオンとドラコの派閥の干渉により、アセンションチャンバーの目的を果たすことができませんでした。

またそれには、入ってきた高次密度のプレアデス人が、彼らがかって視覚化した人間存在の元の青写真を持ち帰るポータルとしての働きもありました。

第7密度のプレアデス人は、空中浮揚とレーザー技術を使用して、トートによって設計されたこの大ピラミッドをほんの数日で構築しました。

プレアデス人は他の人々と一緒にピラミッドの地下数千フィート(約600〜900メートル)にある記録のホールの建設を助けました。

スフィンクスは、このアセンションポータルの入り口を示すために建てられました。

やがて、シリウスB星系のシリアンたちが地球に到着し始め、エジプト人、プレアデス人やトートが指揮した業績を解明し始めました。 キリスト、ユダヤ、ギリシャの神話はシリウス人から来ています。

 

シリウス人は非常にサイキックで知的な存在でしたが、非常に大きな自我の問題を抱えていました、そして人間からは尊敬されていました。

これが崇拝の始まりでした!

シリウス人は、これらのより精神的に劣った人間存在に彼らの奇跡的な力を示すことによってこの茶番を非常に微妙に始めました。これらの人間達はこの茶番を見抜くことができませんでした。このようにして、シリウスの神々が始まりました。

旧約聖書の神エホバは第7密度のシリウス人であり、非常に自己中心的な存在でした。

旧約聖書は、これまでに書かれた最も血まみれで暴力的な本の1つです。 あなたは非常に高度に進化した存在が、1つの種族を互いに貶めさせるだろうかと自問する必要がありますか?(ないでしょう?)

彼は自分の原則に盲従するように命令するだろうか? クリスチャンとユダヤ人の聖書学者たちは、古代の教えに戻って研究する必要があります。

彼らは平和と意識の進化を促進しましたか、それとも分裂、対立、従順を促進しましたか?

エジプトは崇拝と犠牲に陥り始めました。 この時、ドラコ、オリオン、アビアン(Avian、鳥族)が再びやって来て一緒になり、人間との交配を始めました。

したがって、一部はレプティリアン、一部は鳥、一部は人間の形でエジプト人の絵の中に描かれました。 鳥の人々は、創造的なDNA工学の結果であるドラコ、アンドロメダンのハイブリッド種族でした。

 

彼らはシリウス人(がやった)のように、従順な人々を奴隷にするために優れたテクノロジーのサイキックパワーを使いました。 これら崇拝されたエジプトの神々について、エジプトの洞窟中でこれらの古代の絵を見ることができます。

プレアデス 人は再び彼らの実験(検体)が歪んでドラコ、オリオン、アンドロメダン人種になるのを見て、自分たちの内面に後退し、エジプトは比較的暗い時代に陥りました。

ミステリースクール、犠牲、ミイラ化と崇拝は、すべてプレアデスの教えを破壊しました。

もしトートとプレアディアンの教えが完全に(人々に)統合されていたら、腐敗は起こらなかったでしょう。

地球の歴史–プレアデスの教え パート8ーレムリアからアトランティスへ

開示ニュース| 2020年5月24日更新| プラネットアース、テリーウェイド


レムリアからアトランティスへの移行

この間、ドラコとオリオンは地球の上に巨大な艦隊を抱えていました。

これらの船は主に第4密度でした。

これらの2つのグループは、技術と非論理的な学問を交換し合い、敵対関係に入らないことに基づく緩い同盟関係にありました。

これらのテクノロジーの1つは、地球の周りのエーテル場を破壊するために使用される非常に強力な電磁ビームであり、敵が地球に来るのを防ぐための力場を作成しました。

ルメリアが破壊された後に地球が隔離されました。なぜなら地球は嫌な場所、平和な愛情深いグループを定住させるにはあまり望ましい場所ではないと知られるようになったためです。

第7密度のプレアディアン人は、ドラコとオリオンの腐敗が私たちの宇宙のより高いエーテル性の領域に流れ込むのを防ぐために、地球の周りに検疫を配置しました。

それで、基本的に彼らは地球を封鎖して地球の腐敗とビジネスをそのままにしました。 このベール、この振動検疫は西暦1987年まで解除されませんでした。

【これ(1987年)は、ハーモニック・コンバージェンス(訳注、調和的収束:H・Cは、「ケツァルコアトルの預言」というマヤの伝承に基づいている時間。ホゼ&ロイディーン・アグエイアス夫妻の呼びかけで世界規模の平和の祭典、1987.8.16〜17が行われた)として知られている時間でした。】

この時点で、プレアデス人はルメリアが破壊された後、物事が落ち着き始め今は大西洋になっている地球の大陸に(人類が)再び定住し始めたのを見ました。

覚えておいてください、爬虫類の体のドラコはこの振動や重力の中で生きることができなかったので、生き残ったルメリア人と共に転生し始めました。

これらのルメリアの生存者のDNAは、主にオリオン、シリウス、アンドロメダのDNAで、ドラコのエネルギーを持っていました。 新しい文明がプレアディアンを成長させ始めたので、ドラコニアンとオリオンのDNAは変異し始めました。

これらの新しい存在達は、彼らの進化においてより科学的で知的になりました。 これがアトランティスの始まりでした!

これらの新しい人間にはまだ爬虫類の脳がありましたが、これら新しい人間の大脳皮質はプレアディアンの高い美徳と理解を発達させていました。

その文明はすべての技術的な成果において、今日の文明のような在り方を始めました。

プレアディアンのより高い精神とオリオンの情熱およびドラコの競争力が組み合わさり、機械と素晴らしい建築物の構造化された世界になりました。 覚えがありますか?

しかし、この時点で検疫はすり減っており、多くの不快なキャラクターが再び地球にやって来て、手短に言えば私たちはアトランティスの滅亡に至りました。

これは、結晶エネルギー生成システムの誤用によるものでした。

アトランティスの終わりの約2000年前に、科学者は水晶振動子を使用してラジオニクスデバイスを開発し、文明のあらゆる部分にパワーを供給するために必要なすべてのエネルギーを生成することができました。

このエネルギーは、社会の不快な側面を誘惑するのに十分強力でした。

数人のアトランティスの科学者がオリオングループの交易テクノロジーと契約を結び、最高の力を獲得しました。

これは、特定の地球の派閥で今日起こっていることに似ています。 オリオン人はこのエネルギーに気づき、それを使って武器を作成する技術開発を始めました。

しかし、これらの非常に強力なクリスタル発電機の1つが爆発してアトランティス大陸とその住民のほとんどを沈めたので、オリオン人はこの技術で戦争をする機会がありませんでした。

エアシップ(航空船)と海上の船(シップ)でほんの一握りだけが助かり、海に船で脱出しようとした人々の90%以上が大津波で溺死しました。

これらのシップで逃げた人々は、南米と中央アメリカそしてエジプトに転居しました。

科学的に仕向けられたアトランティスのハイブリッド達は、ルシフェリアン達のように再び彼らの感情を抑制しました。
(訳注、ルシファー 『Lucifer、ルキフェル、ルシフェルとも』 は、明けの明星を指すラテン語であり、光をもたらす者という意味をもつ悪魔・堕天使の名である。 キリスト教、特に西方教会(カトリック教会やプロテスタント)において、堕天使の長であるサタンの別名であり、魔王サタンの堕落前の天使としての呼称、出展:Wikipedia)

つまり、彼らは霊的(スピリチュアル)な方向に向かうのではなく、もう一度肉体的な力を欲するようになりました。良くありません…

もしアトランティス人が彼らの身体にいながら精神的にそして感情的にバランスがとれていたら、何が起こっているのかを見てとり、それを防ぐための措置をとっていたでしょう。

これが今日起こっていることだと私は信じています。私たちの多くは、より高い振動の現実を通して私たちの世界で何が起こっているのかを見ています。