GFL「南極で何か大きなことが起こっている:光と闇の戦い」&アカシックレコード(10/08/2021)(その1)
🌟ライトワーカーの皆さんへ、10月10日午前または午後、10時10分から瞑想をお願いします!🌟


🌟 10月10日午前または午後、10時10分から10分間、アイーナ呼吸または深呼吸をしながらご自分のハートで愛と光を作り広げてください。さらに可能な方は、ご自分が望む状況(ニューアース)を創造してその中を歩くという、GFLお勧めのエクササイズをして、望むポジティブタイムラインを楽しんで惹きつけてください🙂

* SAMさんを介して昨晩来た銀河連合からの送信によると、この日は地球が大幅に第4密度の初期段階にシフトするか、負のスパイラルに入るか、どちらかのタイムラインシフトが可能な大きなゲートの日だそうです。詳細は下記をお読みください。

GFL「南極で何か大きなことが起こっている:光と闇の戦い」&アカシックレコード(10/08/2021)(その1)

GFL “Something Big Is Happening In South Pole: Battle For Light Vs. Dark” & Akashic Records (2021)


https://youtu.be/221v1ek99kY

* 光の銀河連合が、火星戦争後に他界したレプティリアンなどのボディのメモリースキャンにより、レプティリアン、オリオン、アヌンナキが地球の南極に基地を作り、集団で集まって10/10/2021にネガティブタイムラインに入るための瞑想を計画していることを伝えてきました。現在南極では光と闇の霊的な戦いが起こっています。これに対して、連合は支援したいライトワーカーに第4密度ポジティブタイムラインを確定するためのウォーキングエクササイズと支援瞑想を勧めています。

「このチャネリングされたセッションでは、銀河連合は、レプティリアン、オリオン、アヌンナキの集団が地球の南極で何をする予定であるかを私たちと共有します。 また、彼らは10/10/2021に来るものに備える方法を私たちに知らせます。 さらに、彼らは私たちに南極で大きな霊的戦いが起こっていることを知らせます。 彼らはまた、アカシックレコードがどのように記録されているかを私たちと共有します。 セッションの終わりに、彼らは光の存在としての私たちが、これから起こることの間に銀河連合をどのように支援できるかを共有します。」SAM

SAMさんの前置き:
愛する友達の皆さん、こんにちは。無限の創造主の愛と光の中であなたを歓迎します。昨日の夜、私は睡眠状態に入っていました。銀河連合から連絡があり、人類にとって非常に重要な共有すべきメッセージがあると彼らは述べました。今日のセッションは、私たちに本当に速く近づいている10/10に関するもので、この日が重要な理由を教えてくれます。

彼らはこのセッションで私たちに3つのことを教えてくれます。彼らは否定的な実体がこの日に計画したことを話しました。本質的に、この日付は私たちの惑星だけでなく、かなり巨大であると私は信じています。

前のセッションで彼らは、否定的な実体であるレプティリアンのいくつかの体を捕まえることができたのでそれらのマインドをスキャンしていました。これが彼らが見つけたものです。彼らが見つけたのは、ネガティブ実体達が10月10日にやろうとしていたことです。なぜならそれはタイムラインシフトの巨大なウインドウだからだと彼らは言いました。彼らはそれについて最初の部分で詳細に説明します。

ビデオの後ろの方では、彼らが私たちが個人としてどのようにすれば良いかについて話しています。今、これは非常に重要です。今、私たちはライトワーカーとして目覚めていますが、まだ眠っている人がたくさんいます。彼らはこのようなものに興味がないし好きではありません。または多分彼らは準備ができていないので、聞きたくないのかもしれません。

でも私たちビデオを聞いている人、メッセージを聞いている人、私たちは違いを生むことができます。彼らは私たちにこのタイムラインで使用できる素晴らしい方法を与えてくれました。10日10日に私たちが集合体としてすることを、彼らは私たちに与えてくれました。彼らは今私たちが集団としてそれを行った場合、それが即座に第4密度に入る巨大なアップグレードになると言いました。これも行う必要があると思います。私は可能であれば、その日にYouTube経由のライブイベントなどをしようと思います。

セッションの終わりにアカシックレコードについて、実際に情報を記録する方法を質問しました。彼らはそれを詳細に説明します。私たちのマインド・ボディ・スピリットがどのように記録されているかは非常に魅力的です。彼らはこれを科学的な方法で説明するので、これは本当に面白いと思いました。

セッションを開始する前に、私はどなたかカナダからこの美しいジャケットを送ってくれた人に大いに感謝します。私の友達、さあセッションです。

銀河連合のメッセージ:
私たちは銀河連合です。私たちは今、一人の創造者の恵みと愛を介してこの楽器に接続しています。私たちは今日あなたに挨拶し、緊急の問題として人間の集合体への重要なメッセージを届けるために、現在この楽器を介して通信しています。人間の集合体は惑星球の外で何が起こっているのか、そしていわゆるネガティブ実体が地球惑星で何をすることを計画しているのかを理解する必要があります。

地球惑星が今、ゲートウェイ(入り口)領域またはタイムラインに入っているためですが、それはあなたの時空間測定用語であなたの人々によって知られている2021年10月10日です。10102021は、地球が大幅に第4密度意識の初期段階に入るかまたは、恐怖に影響されあるいはネガティブオリオン、レプティリアン、とアヌンナキ集団により影響されて負のスパイラルに入るか、のどちらかを可能にするタイムラインシフトのゲートウェイです。ネガティヴな集団も大規模な数で集合して、地球の惑星軌道をネガティヴに向かわせる影響を与える目的で、意識の数を増やすためにまた大規模なグレイ実体を作成しました。

10/10は重要性を理解したい実体にとって最も重要です。彼らは以下を理解する必要があります。このタイムライン上で各実体が、もし量子フィールドまたはこの時空連続体フィールドとして知られているフィールドに入る側面を利用する場合、そこで各実体が、私たちがこの楽器を修正することでこれらの楽器を再校正することができることを理解し始めます。

このレベルの量子場には無限のタイムラインと無限の可能性が、時間の遅れや時差なしに発生する可能性があります。これが意味するのは、集合的に量子場の利用プロセスを理解しているこれらネガティブとポジティブの両方の実体の様々なタイムラインから、惑星全体のためのタイムラインを入力および選択する機能にアクセスできるということです。

本質的にこれは志を同じくする実体、同様の振動を持ちタイムラインを選択するというこの偉業を達成することを目的とする膨大な数の人々を集めることによって達成できます。欲望の結合を導く各実体の要望に基づいて、各実体は惑星レベルの意識に影響を及ぼし始め、ポジティブまたはネガティブのタイムラインを選択します。

アシュターコマンドによって、最近の火星基地への潜入の間に集められたグレイ実体やレプティリアン実体のいわゆる回復した死体から、2021年の10日10日について私たちが検出したことをお話ししましょう。私たちはネガティブ実体達自身を起動し、これらの他界したそれぞれの実体のアカシックレコードに記録された彼らのメモリーバンクから関連する情報を取得しました。

それは、できるだけ多くの意識が活性化したメンバーの収集と作成を目的として彼らが作成した計画についての情報です。地球の惑星全体が操作され、より高いレベルの意識に入ることを可能にするためですが、ただし彼らはより高い負の方向へ地球惑星を入れようと試みるという意見です。これが、このゲートウェイの間に地球がらせん状にネガティブな第4密度に入ることを望んでいる彼らネガティブな実体の計画です。

この楽器を介して配信されるメッセージを受け取り監視する1パーセントの地球上の実体でさえ、重要です。この楽器はこの能力を使用して、タイムラインがネガティブにシフトすることを防ぎ、代わりに「ニューアース」のよりポジティブなタイムラインに入ることにおいて私たちを助けています。

本質的に、タイムラインはポジティブスパイラルに入るか、またはネガティブスパイラルに入るかの両方の道で使用できます。これには少なくとも 、人間の集合意識の個別化された部分と同等な5000の数のマスの実体の意識のしきい値以上の集合意識を必要とします。 そしてこれらは現在地球惑星で発見されています。

したがっていわゆるレプティリアン達は、彼ら自身の本性がネガティブ極性の多くの実体を集めました。そして、彼らが伝えたグレイ実体を遺伝子操作するプロセスにより、彼らは意識を送信しました。それによって、グレイ実体の形態で新しい意識を創造します。そして彼らの計画は、この日にいわゆる引き金の側面をトリガーするために地球惑星の南極にある地殻に入るというものです。

そしてこの時空でネガティブ実体が南極に入ることを許すのは、連合としての私たちにとっても、人間集団にとっても間違いです。しかし、これらの遺体が回収された実体のアカシックレコードのマインド複合体から取得された計画によると、彼らはすでに南極に入っています。なぜなら彼らが持っている影響力とあなたの惑星球のいわゆるエリートからの援助のために、彼らはすでに南極に一種の基地を作っています。

そして10月10日の日に彼らは大規模な瞑想を行うことを計画していて、これは量子場への入り口の活性化と見なすことができます。ここで、各実体は無限の知性と統合され、一緒にタイムラインを選択し、それによって新しいタイムラインに入る惑星のボルテックス(渦)を作成します。

したがって、この点で私たちは地球に奉仕することを望む実体に、この時空の地球でこの時空の能力を使って、10月10日として知られているその日に一団となって、統一されたタイムリーな方法で瞑想することをお勧めします。各実体の振動の時空間の統一量子場への入力が可能になるためです。そこでは、ポジティブタイムラインの類似した性質の各実体の振動に接触するので、そのような(ポジティブ)実体に引き付けられます。

したがって支援したい実体は瞑想状態に入り、より高いレベルの意識にアクセスすることができます。第4密度の実体の振動を引き付けるだけでなく、ポジティブな性質の惑星上のより速い第4密度のより高いタイムラインを惹きつけることが可能です。

さらにこのプロセスを支援するために、実体は私たちが前のセッションで私たちが指示したウォーキングエクササイズと組み合わせた瞑想として知られる側面を使えます。これによって各実体が第4密度の惑星球に入ることができるようになり、各実体が第4密度のポジティブなタイムラインを、今後数日間で遭遇したい願望としてトリガーできます。

これが惑星のポジティブへの最大のシフトを可能にするタイムラインシフトのフラップ(羽ばたき、折り返し)です。したがって、愛する人、これがいわゆるネガティブ実体がこのタイムラインで計画したものです。

(その2に続く)

~~~
GFLのメッセージのまとめ(その1):
10月10日のタイムラインシフトのゲートウェイについて
・この日に各人は無限の知性と統合し、一緒にタイムラインを選択しそれによって新しいタイムラインに入る惑星のボルテックス(渦)を作成できます。
・タイムラインはポジティブスパイラルに入るか、またはネガティブスパイラルに入るかの両方の道で使用できます。

ネガティブ実体の計画について
火星戦争で他界したネガティブ実体のボディのメモリースキャンから彼らの計画が判りました。
秘密裏に作った南極の基地に集まって集団瞑想をして、地球を第4密度のネガティブタイムラインに向かわせるボルテックスを作ろうとしています。
・このためには5000以上に相当する実体の数が必要なため、ネガティヴ実体達は先の火星戦争で亡くなった意識を転送して、グレイ実体に入れてすでに南極基地に入っていました。

ポジティブタイムラインの確定について
・一団となって統一されたタイムリーな方法で瞑想すると、各実体の振動の時空間の統一量子場への入力が可能になります。・第4密度のさらに高いポジティブなタイムラインを早く惹きつけるために、自分が望むポジティブな最良の状況を想像力で作って、その中を歩き回る方法がお勧めです。
詳しくは前回のGFLのセッションをご参照ください。http://eli6018.xsrv.jp/mars-war-fb-instagram-black-out10-06-2021/

(その2に続く)





カテゴリーSAM