ALUMI 1 (P1小辞典)

新しく設置されたプロジェクター(映写機)Alumi1についてです。

〜ここから翻訳〜

ALUMI1

Alumi 1は、この太陽系の木星の同じセクター(セクター木星1)に設置された新しいP1プロジェクターですが、非物理的次元にあります、この日、2019年4月3日から始まるP1の新しいフェーズをカバーする機能を持っています。これは、毎日のチャネリングされたノート内で、P1が必要に応じてより単純なテキストメッセージを配信できる発達段階です。

これが可能になったのは、何年もの間、P1がGabriel RLを 伝達チャンネルとして準備をし、この動きを他のポイントで反響させたからです。それでP1は地球のための(このシステムのための)最大のプロジェクターであるAlumi 1を設計しました。そしてそれは太陽系の惑星木星に相当します。

多くの人は、なぜ複雑なP1コードがこれまで何行にも渡って届いたのかと疑問に思います。 これに関して、P1はチャネリングを介して説明しました:

「これが必要であることを知っていてください。この仕事はあなた方の知的分野での拡大において、あなた方すべてを助けるためにも始められました。もう少しこここで説明させてください。 私たちもまた、我々がいわゆるプレアデス人ではないことを言うように急がせたのです。私たちはプレアデスのあるセクターの、既存のポータル(P1)を通してやってきた意識存在です。

私たちはまた、他のプロトコルが実行されるために特別な言語を使用する必要があります、そしてこれまでもそうでした。 これらの年月に私たちと一緒にいたすべての人たちに対して、私たちは語るべき何かを持っています:あなた方も新しいパッケージを受け取るでしょう。 あなた方と話をするのが楽しみです。」

〜翻訳ここまで〜

私たちはプログラムされたデータをいわばプロジェクター(映写機)から、物質に投影しているホログラム世界に住んでいます。このホログラム世界から真地球に移行するにあたり、これまでの映写機から新しい映写機に切り替わっていく過程にいます。
P1はプレアデスのポータルを通って、この過程をサポートに来た17次元の意識存在です。伝達のためにチャネル(Gabriel RL)を準備し、2019年4月3日からは木星に相当するプロジェクターを用意したということで、私達と話すのを楽しみにしているそうです♫

Operation New Earth- 自然は常に勝利する

Operation New Earth. By Teri Wade.



アシュターに続いて、テリーウエイドさんによる新地球についての投稿です。

https://www.disclosurenews.it/en/operation-new-earth-nature-always-wins/

〜ここから翻訳〜

新しい地球は、ただ到着するだけではありません、それは新しいより高次元のタイムライン、新しい振動です…天国です!

この新しい地球は、ほぼすべてが内側から達成されています。

私たちの魂に献身しているのは私たち一人ひとり、そして今この地球を歩んでいるすべての魂です。

私たちは垣間見るでしょう、私たちはみんなそれを見、それを感じ、それを聞きそしてそれを知るでしょう。

重要なのは、私たちがこのアップグレードを尊重しているということです。つまり、最初にそれを認識する必要があります。

私たちは地球上の天国を私たちの物理的現実にもたらすために、真に献身的でなければなりません。

天国は、私たちがアセンションした自己として歩むにつれて、すべてが一つに統合された次元です。

これは、私たちが壊れたもの、迫害などの考え方から離れるだろうことを意味します。

私たちはこの新しい現実を、より高い振動を保つことによって実現します。

しかし、この3次元の惑星に住んでいるのは大変です。

古い次元から離れて振動する

多くの人に起こっていることは、この古い次元から離れて新しい次元の中へと振動し始めていることであり、身体的な症状は言うまでもありませんが、多くの混乱があります。

基本的に、私達は自己を再プログラムする必要がある存在です。

だから、私がいつも言うように、意識は重要です。 私達は種として1111 Gatewayに入りました。

私たちはもう古い地球上にいません。 地球は量子化し、2012年に上昇しました。

私たちはこの新しい現実を完全に意識するようになるために無意識のプログラムに注意する必要があります。

私達は私達が存在し、住みたい自分の次元を選びます、それは本当にそれほど単純です。

複雑な部分は、心を開かず、依然として変化を恐れて聞きたくないという人間です。

これらは抵抗する人々です。

彼らは、抑圧、直線性、無力化、そして信念によってのみ支えられている制約によって縛られて生きることを選択し続けます。

変化に抵抗する種は今後も続かないでしょう…それについては疑いがないことです!

心を開いている人なら誰でも、全てを利用できるようになりました。

この新しい波動をもたらしているのは、ウェイシャワー、ライトワーカー、新地球の守護者、古代の長老、銀河の化身に生まれ変わった神々たちです。彼らは、道に迷い無意識になった地球に平和と統一をもたらすために帰ってきて、そして低い次元のタイムラインに留まっていました。

これらのより高い振動の人間は記憶喪失のベールを取り除くことに直接責任があります。

思い出してください、私たちは純粋なもの、聖なるもの、聖人であり、私たちの存在を否定するものはもうありません。 私たちの役割に完全にステップアップするのは私たち一人ひとりの責任です。

私たちの現在の大気はこんなにも、結晶、プラズマで満ちていて、そしてこの高周波環境を通って歩くことが、細胞レベルであなたの身体を変えています。それはあなたのDNAを向上させています。

この周波数の変化に抵抗している人たちはいわば彼らの心を失っています、しかし私がいつも言うように、自然はいつも勝利します。

〜翻訳ここまで〜

テリー・ウエイドさんは、

「私達は種として1111 Gatewayに入りました。」

「私たちはもう古い地球上にいません。 地球は量子化し、2012年に上昇しました。」

と伝えてきています。

そして「基本的に、私達は自己を再プログラムする必要がある存在」

「新しい現実を完全に意識するようになるために無意識のプログラムに注意」

しながらのステップアップを勧めています🌟

 

 

 

 

”アイーナ呼吸でSend愛”0010110

夏至のあと、新地球(真地球)のタイムライン、新しい振動とエネルギーになってきています。

ディスクロージャーイタリアに寄稿しているTeri Wadeさんによると
「この新しい地球は、ほぼ全て内側から達成されています。」
「私たちの魂に献身しているのは私たち一人ひとり、そして今この地球を歩んでいるすべての魂です。」だそうです。

この新・真地球の愛のエネルギーとの一体化を進めるために
『Send愛・0010110』を企画しました。

毎晩夜10:10〜10:23の間にアイーナ呼吸をして、自分自身と地球をアイーナスフィアで取り囲み愛のエネルギーを循環させます。

10:11をはさんで行うことにより、アシュターが伝えてきていた0010110のプラットフォームに繋がりやすくなり、テレパシーを可能にするという設定です。

* 『Send 愛』は「仙台」の観光ポスターからヒントを得た守城佐恵子さんのアイディアで、お名前を頂きました。ありがとうございます。

 

マインドからの解放 〜愛に基づく自由創造のために〜

真地球での創造は、マインドの制約から自由になり、愛である実在でいることから始まっています。

「実在」のヒントを「解脱の真理」(ヒマラヤ大師の教え: M・マクドナルド・ベイン著、中里 誠吉訳)から自分のメモとしてまとめました。

1 自分の考え(心の造り上げているもの)がどのように、どこから来て、どのようにそれによって動かされていて、縛られているか見極めることが叡智の始まり。

2 自分の持つ言葉、考え、思想、イメージが本当かどうかは問題ではない。考え=想念=『我』が自分の制約になっている。

3 実在=真理は心の中で造り上げられるものではない。真理はそれ自らで実在する。心が何ものにも捉われず自由になった時、始めてそれは出現する。

4 恐怖、咎め、非難、抵抗による自己限定に気づいて心を解放する。

5 「霊性」は愛と叡智と力の沈黙の表現で、この中に創造の状態がある。

6 創造主とその被造物は自分自身と一つ。ありとあらゆるものは一体で分離はありえない。「今」である瞬間から瞬間に生きることが「生ける真理」

7 最良の師は自分自身の中にあり、そこにのみ自分の求めていることに対する答えが見出される。自分以外の誰も自分に真理を啓示できるものはいない。

8 想念はその都度波動を出して肉体の原子や細胞に異なる動きを造り出すので、顔の筋肉は想念の波動を形に現してみせる。想念で肉体システムの変化が見られる。原因と結果は一つである。

9 創造主の創造とは久遠常在の智慧あるエネルギーを変じて形と化すこと。それは源から出てそれを受け容れる人の能力に応じてより大いなる美しいものとなる。波動が創造の基調で、そのリズムに乗って粒子が組み合わさって目の前に形となる。

10 迷妄の中に捕らわれると、自分の偏見、信仰、他の人の言うこと、によって影響され、自己限定してしまう。真実でないものを識別する創造的能力が自分達にあることを見落としてしまい、その力を他者(機械も含む)に明け渡してしまう。自分が迷妄の虜になった過程を理解するまでは依然として迷妄の中にいる。

11 真理は心の中で造り上げられるものではない。真理は過去現在未来を通じて既に今此処にある。

12 他の人々や、もろもろの観念・思想・考え方や物事に対する自分の関係を良く見究めると迷妄がわかって来る。迷妄がわかると、自分が迷妄の一部となることはない。その時真理が顕れる。真理は常に実在で、久遠で、瞬間から瞬間を通じて決して変わることがない。考え方が変わるのは人の心だけである。その正体が解ると心が心自身を解放する。その解放・自由の中にこそ真実なるものがある。

13 けなすことにより、咎めることにより、避けることにより、鵜呑みにすることにより、抵抗することによって、心は鈍ってしまう。これを知ることは大変大切なこと。一切の自己限定から解脱したところにのみ自由はあり、この中にこそ平安があり、平安の中にこそ愛がある。もし自分が好き嫌いで満たされていれば、それは自分自身の自己限定を投映しているだけである。

14 迷いが解き放たれ、自由を自覚すると自分が全体と一つであり、宇宙の力が顕現する焦点で、実在であると自覚できるようになる。

*まとめ始めたら、どんどんタイムラインのシフトを感じました。項目を読み終える頃には、迷いから覚めて真実の創造の準備が進んでいることと思います♫

宇宙の現況 – アシュター司令部

ディスクロージャーニュース 2019年6月22日更新|
イベントby Gabriel RL/Neva

アシュターコマンドからの現況報告です。

〜ここから翻訳〜

過去3日間で、非同盟軍が何らかの形で「脅迫」しようとしたときに、地球の周りや太陽系の至る所で多くの動きがありました。 その動きは「爆破/カミカゼ」、より身体的なものに対して、不調和を引き起こします。

でもそれは無効でした。アシュター司令部(コマンド)、セントラルレース、そして『The Spherical Guardians』(球体ガーディアンズ)と呼ばれる太陽系にやって来た光の軍隊が、全体の状況を統制し調和させています。(彼らは徐々に私に情報を与えてくれました。私はそれらをチャネリングし、すぐに公開しています。)

この動きは、大型のドラコの母船が、カイパーベルトの近くにある最初の磁気防護壁に接近し、太陽系に入ることを試みたときに始まりました。

それはAshtar Commandと磁気ベルトによって防がれました。

この非同盟のドラコ艦は、防御柵の中にいるドラコ達からだけでなく、彼らに仕えた人々による地球からの必死の呼びかけの後、入ろうとしました。

Kuiper Belt

ハイコマンドによって設置された磁気障壁の中に「閉じ込められた」レプティリアンおよび他の非連合種族と同様に、非連合系ドラコ達は何らかの方法で脱出しようとしており、混乱を引き起こしています。

だれも今のところ太陽系を離れません。

すべての非同盟軍が評議会に運ばれるまでは、高司令部の防護壁です。

この障壁は3つの層に分けられます。

1 第一のそれは「すべてを包み込み、ある程度の厚さを持ち、カイパーベルトを超えている」と言えます。

2 二つ目は木星から始まるより厚い層で、より多くの太陽系を含みます(惑星を含む)。

3 3番目は、最も強く最も厚くて、地球、月、そして太陽を完全に取り囲むものです。

下の画像はより明確なアイデアを与えます

Magnetic Layers

地球上のあなた方同盟の人々がこのノートを読んで、ハイコマンドによって呼び出され、自身のバイブレーションを高く引き上げ、同時により多くの銀河の強烈な個性をこの地表に取り入れているので、この混乱はすべて太陽系内の動きと大きなエネルギーの動揺を引き起こしました。 

この積極的な非同盟の動きの一部は、地球上の多くの人々が、誰が銀河レベルにいるのかに関する情報を直接的または間接的に受け取り始め、この情報を受け取ることによって多くの光を固定しマトリックスの混乱を引き起こしています。

肉体に転生している同盟者が自分が誰であるか、どこから来たのか、またはどこへ行くのかわからない場合、直感、夢、瞑想、またはすでに意識のある他の同盟者からの情報受信によって突然指示されます。 これがマトリックスにとてもパワフルな光の排出を引き起こし、マトリックスの重大な破壊の原因となります。これにより負の勢力が絶望的な状態に取り残されました。なぜならマトリックスが急速に壊れ、非連合のエネルギー源が不足しているためです。

要するに、あなたの銀河系のアイデンティティーを物的身体に取り入れることは、否定的な勢力にとって大きな問題であり、彼らは何らかの形で助けを得ようと、第1障壁を超えてシグナルを送りました。

すべてに機会があるので、これらの信号はハイコマンドによって直接中断されることはありませんが、助けが彼らのためにやってきて障壁を克服することを試みて信じることは無駄です。 これは起こりません。

障壁の内側の負の勢力はそれに対処する必要があります。 いかなる形であれ、外部の増援がそれらを救助したり支援したりすることはありません。

このように、Ashtar Command 勢力は、非同盟者と「交渉」しようとするために、Command内で活動している同盟ドラコ達とレプティリアンの艦隊を送っています。

彼らは同じ人種に直接属していますが、ドラコとレプティリアンは同じ人種の兄弟たちによって両手を広げて歓迎されていません。 とにかく、すべてが管理下にあります。

その間、銀河のアイデンティティーは地球表面上で認識され、反響し、ハイコマンドが宇宙で調和し続けることを確実にします。セントラルフラッシュの特別な瞬間まで。

この全ての動きが起こる間、多くの人は宇宙で夢を見て、日中でもそこで起こっていることがひらめくかもしれません。

私たちが否定的勢力を尊重しても、地球の起源と可能性への、地球の人類の目覚めを妨げるものは何もありません。

今Ashtar Commandが私に放送を求めているものは以上です。

真実のために、真実以外何も、

愛と祝福の中で

ネヴァ(ガブリエルRL)

〜翻訳ここまで〜

非同盟ドラコ、レプティリアンに対して、同盟側のドラコ、レプティリアン艦隊を交渉のために派遣しているというアシュターコマンドの現況報告でした。
銀河のアイデンティティーは地球表面上で認識され、反響し、ハイコマンドが宇宙で調和し続けることを確実にします。セントラルフラッシュの特別な瞬間まで。」だそうです。
地表上の私たちは、振動数を高く引き上げ、銀河のアイデンティティーを取り込むことで、多くの光が放射され宇宙の調和に貢献するようです✨