PROJETOR CDIX-12 P1 小事典


規律あるコミットメントのための神聖幾何学

プロジェクター CDIX-12:

それは非常に強力なプロジェクターであり、倫理、道徳、真実、コミットメント、規律、忠誠心を反響させることに直接責任があります。 このプロジェクターは、以前は、ホセ・デ・アリマテア、ジャンヌダルク、ポルトガルの司祭マヌエルダノブレガと呼ばれる地球上の存在達によってサポートされていました。ブラジルのジュセリーノ・クビチェック大統領(以前はローマ皇帝ネロによる試みがありました。) もこのプロジェクターの支持者の一人ですが、この場合、倫理問題の定着を完了しませんでした。倫理的にはここで開示されません。

このプロジェクターをサポートするための特定の基準はありません。 明らかに、他の多くの存在がすでにテランの表面でそれをサポートしており、光の力は現時点で同じものの固定のために示される瞬間および/または存在を知っています。

それは非常に強力で非常に重要な力であり、主要なアンカーがより高い真実と広く結びついて、降伏とより高いコミットメントを進んで行う必要があります。

IUD-ILは、他の人よりも優れているという理由ではなく、単に光の勢力がそうするように要求しているという理由で、それを固定するよう求められています。 すでに述べたように、このプロジェクターは非常に強力であり、IUD-ILはPVSE内でこの力を反響させる必要があります。たとえば、太陽が光線を放射し、後でそれを受け取る人も反響するように、できるだけ多くのソウルに到達します。

倫理、コミットメント、規律、忠誠心などの資質が求められるプロジェクターであるため、この定着に対する反対者が強く予測されます。 このプロジェクターは通常、すでに目覚めていて、ある程度の意識を持ち、表面上で開発されるシリアスなプロトコルに「署名」した存在に届けられます。

光の勢力は冗談を言うことはなく、明らかに創造中の存在を罰したり、判断したり、非難したりすることもありません。 ただし、高プロトコルの順序、規律、および進行に責任を負う高位の存在は、主要な支持者および/またはその他の直接的な力の代表者が、計画された経路から逸脱し、自身および/または彼の周りの他の人を傷つける場合に直接介入し、プロジェクターの投影を遮断する権利を保ちます 。 言い換えれば、真剣な使命を帯びて転生し、道から大きく逸脱し、カルマ的にコミットし、他の存在を倒すことによって、低振動に屈することになるミッショナリー(伝道師)の場合です。 この場合、チャパナが解雇されます。(訳註、通常チャパナはサポートしているので)

チャパナは光の騎士団の黒い槍の騎士です。 プレアデス1の動きの中で、彼は「神のバランス」を意味する「アロイカイク」として知られています。 彼はまた、大天使ミカエルの軍団の直接の騎士であり、オグムの隣で行動しています。 それは、旅を通して自分自身を見つけ、求めず、回復したくない、転生した存在、特に伝道師の手に負えない有害な旅の最後のポイントで、神または致命的な正義を代表する人です。 伝道師があなたを「魅惑」し、傷つけたり、他人を傷つけるような方法で権力を乱用しているところはどこでも、彼はやってきて、その肉体を消します。

倫理的、道徳的、スピリチュアルな行動(特に彼が伝道師である場合)を「自由意志」によって放棄し、テラン計画で旅のいたずらに導かれる人は、 他の存在に害を及ぼし、多くの深刻な障害、因果の法則の産物の対象となります。

彼のメンターがさまざまな方法で彼に警告することによって彼を助けようとしているのは真実ですが、何もしなければ、その精神は彼が作成した暗い深淵にどんどん深く入ります。

非常に多くの否定的な行為のおかげで、それが厳しい現実に直面するとき、悲しい瞬間が到来します:それはスピリチュアルな平面で競売にかけられます。 テランの陽気さから彼を連れ出す黒い槍(ブッラクスピア)、チャパナ/アロイカイクの力は、オークションでそれを獲得した彼の「新しいマスター」にそのスピリットを連れて行きます。

それらは通常、ひどいエーテルの洞窟の住民であり、残念ながら、彼らの意識を拡大することができるように、彼ら自身の行動によって作成されることになりました。 ソースは私たちが何らかの理由で苦しむことを決して望んでいないことを忘れないでください。 苦しみは、単に自由意志による私たちの(ソースとの)断絶から来ています。

極端な場合、回復の可能性がないときに、存在は崩壊し銀河の中央太陽に連れて行かれます。

しかし、チャパナ/アロイカイクが行動するのはこれらの場合だけではありません。 彼は、父なる神/全能の母である神の正義と力を代表します。彼女の存在が必要な場合はいつでも、特に、転生または転生しない存在を集めることによって、カルマの再調整を要求しすぎる存在を守るために。 チャパナ/アロイカイクが闇の勢力に属していると考えるのは間違いです。 彼は彼の軍団と共に惑星全体で直接行動する偉大なライトフォースナイトです。

彼を死の天使と呼ぶ人もいるかもしれませんが、計画の変更がない場合、死は何でしょうか。 彼は、光に真剣に取り組んでいる魂の、規律と保護の天使です。

この記載は、とにかく誰にでも恐れを引き起こすものではなく、発生するすべての動きの深刻さを示すためだけのものです。

特に現時点では、チャパナ/アロイカイクはカバールのメンバー、特にジョージ HWブッシュ氏をチェックしています。 チャパナ/アロイカイクはまた、アドルフヒトラーに対して直接行動しました。これは、このプロジェクターのサポーターになる可能性のある別の人物であり、結局彼が道から大きく逸脱した時に、チャパナ/アロイカイクが彼をテラン平面から連れ出しました。

もしそれを引退させなかったら、惑星は核破壊に直面するでしょう。 もちろん、すべてがより高い平面内で発生しました。

統一の使命を帯びるもう一つの存在は金正恩氏であり、残念ながら、道から真剣に逸脱しています。 これらは脅威ではありませんが、より高い計画を覆す可能性のある干渉や深刻な行為なしに、光の保護と計画の展開を証明する情報の配信です。

IUD-IL卿、光の勢力は、このプロジェクターの維持を支援するためにあなたに真剣に頼り、PVSEなどの中であなたのすべての強さと共鳴し、他の存在が愛情、真剣さ、コミットメント、倫理、忠誠、真実、そして 信頼の中で行動するように触発しています。 IUD-IL卿は、ここでは倫理的に明らかにされない個人的な事柄による彼の知識を求められています。 それ故あなたはチャパナ/アロイカイクによって直接サポートされています。

このプロジェクターの直接の象徴であるシンボル(上記のイメージ)がチャネリングされており、これらの力の作用を可能にしています。 IUD-ILとそれを使用するすべての人:このツールは非常に強力です。 彼の名前は、規律ある取り組みのための神聖幾何学です。

(この投稿が公開される数分前に、チャパナ/アロイカイクが戻ってきて、ミッショナリーにメッセージを残しました。)

「ミッショナリー達へ、これはあなたの行動が侵害されず、最高のステップに到達するために必要な力を保証します。それにより、あなたはあなたの最高の表現から来る答えに基づいて、常に最良の決定を下すことができる位置から、イベントを展開することができます。人間のエゴや、利己主義と無秩序への傾倒と、決して混同しないように。

その義務と責任を意識している伝道師は非常に信頼できます。そのためより多くの力と責任があなたに渡されます。従って、あなたはそれらを悪用しないように、さもないと必然的に、私は行動しなければなりません。 私はあなたに奉仕するチャパナ/アロイカイクです。」

(*)オークションは、存在がその進路で失われ、完全に闇の勢力に身を任せ、よりカルマ的に自分自身や他の存在に害を及ぼし始める時に起こります。 そして、彼は影の領域で「望まれる」ようになり、実際、それを望む人々の間で出会いがあります。 そして、誰が奴隷に奉仕させるためにもっと払うのか、というような「誰が彼にもっと与えるのか」、についてのオークションがあります。 したがって、オークションが決定された、「X」であるということは、彼がテラン平面から撤退するときに、その存在に対する権利が買われ、しばらくの間彼(権利を買った人)と一緒にいるでしょう。
残念ながら、それは悲しいシーンです、しかし…光の勢力はそれを決して望んでいませんでした、しかしそれがそのような状態に身を置く存在なのです。
このような状況を沈静化して完全に停止させるために、バイオレットフレーム(紫の炎)を送ることによって振動することが、私たちに(できる)残っていることです。

〜〜〜

回復の可能性のないミッショナリーは、崩壊しセントラルサンに連れて行かれるようです。
ラーによるSAMさんを介してのチャネルによると、時が来ると同様に生きている人達は自壊して、次の密度に進むので過程は似ていても行き先が違うと思われます🙂