Local Allies & Systemic Allies P1 小辞典


ALLIES LOCAL AND / OR ALLIES SYSTEMIC:

同盟の「ローカル」とは、光の力に自信があるクラスターのローカル(特定の領域)の存在達のことを示し、通常地球と銀河の状況について議論される高レベルの会議に参加する許可を受け取れます。
非常に倫理的で光に向かい、不可侵で、光に奉仕することを決意し、どんな犠牲もいとわず、腐敗しない存在達です。 「同盟全体」は同じことであり、同盟のロケーションによって触発されます。特定のスペースのミーティングおよび/またはいくつかの状況前の権限(の集まり)に参加するために予測と証明を最初に受け取るのは、まあ言ってみればローカルの同盟です、そしてまるで「ウイルス」の光をみんなに広めているかのように、あたかも堕落を通して光の力に仕える神聖な機会を受け取るように全体に刺激を与えます。

P1が「同盟、locationに注目、同盟全体にリバーブ」のように言うとき、何か次のようなことです。「すでに認定されているあなたがたに注意を促します、キリスト的な行動を通じてあなたの周り全てを刺激してください、そうすると彼らもあなたの資格照明の光を受け取り、特定のスペースに入り地球とシステム全体を高レベルの光に導くための活動過程でも協力することができるようになります。

もちろん、公認される全体同盟と同様にローカル同盟は、アストラル平面での高度なアドバイス/ミーティングにおいて、ニーズと時間次第では物理平面においてさえ表面惑星の代表になります。

惑星表面とアストラル上でライトフォースの代表者であることは、とても真剣で尊敬されることです。あなたが闇の力である場合に、あなた(ライトフォースの代表者)を尊敬していると想像してみてください。まるであなたが「触れられない」にサインしたことで神聖な印を持っているかのように、彼らがあなたを好きではない限りプレイしないかもしれません。またこれらのアドバイスのいくつかで行われた合意の一部で、それは闇の力の代表がその一部である場合です。

この主題のアドバイス、ディスカッションなどをさらに深めることができます、Corey Goodeの記事とビデオで、彼は参加した会議を数回報告し、慈悲深い兄弟や他の惑星の邪悪な存在達のことなど、いくつかのことを論じています。
それらの1つは開示全体に関するものであり、光の勢力は決して部分開示を受け入れません。(闇の勢力の示唆、これらは人類が全体開示の準備ができていないと主張しています。彼らは、人類が彼らがしたことのすべてを学ぶ前に、太陽系から逃げる時間を稼ぐために部分的な開示を試みています。光の勢力はそれを決して許しません)会議の(出席している)文明化された一部の人々にとっては奇妙に見えるかもしれませんが、そこにはネガティブなエイリアンも出席しています。しかしほとんどの場合、(彼らは)会議が行われている環境を尊重します。
光の勢力は常により多くいて、一部の人々が考えるかもしれないのとは異なり、いいえ、光の勢力は彼らの首を掴みその犯罪を非難するようには進めません。
光の勢力の代表は教養があり平和的であり、それはばかで操作可能であることを意味しません。

闇存在達は逃げる必要がない場所にいること、サイクルが終了しこのシステムでの彼らのパフォーマンスが終わりに達したことを常に示してください。私、ガブリエルはアストラル面でのこれらの会議のいくつかに何度か参加しましたが、(今は)より多くの秩序があると言えます。一部の存在は地球の現実を本当に怖れて否定的であるにもかかわらず、彼らは礼儀正しく残っています。常に時々暗闇の一部にいくつかのピークの高揚があり、いつも会議を主宰する長老たちに叱責されています。

最後に、もちろん、光の同盟国が参加する会議の大部分は、惑星とシステムを助けるための解決策を議論するために、慈悲深い存在とのみで行われています。彼らは、愛情深く平和的に相互に作用し、アイデアと光を交換するさまざまな人種のいくつかの代表達です。