ARKHÉRAケルトのプリンセス P1小辞典



ARKHÉRA(アルヘラ)ケルトのプリンセス

彼女はプレアデスの星系の存在で、特にエレクトラ星の存在の顕現です。彼女はとても美しく女性らしい存在です。 彼女は長く濃い巻き毛、光の美しいチュニックのような緑と青の色合いの金色の衣服をまとっています。彼女は大きく濃い緑色の目をしています。

彼女のエネルギーとオーラは、美しい金色の青い光を放ちます。 彼女の身長は約2.5メートルです。 強く、果敢な、勇気ある人格の存在で、 非常に強力な星の戦士です。

彼女は右手に光の槍を持っていて、より低いアストラル地帯に降りる時に、否定的なエネルギーのネットワークを解体するのに使います。
彼女はしばしば美しいユニコーンに乗って現れます。 アルへラの視線は非常に強く、そこに偉大な戦士の知恵と精神の強さを見ることができます。

地球の物理的な平面上の彼女の最も重要な転生の一つでは、この強力なプレアデス人は、アンディノス運動のリーダーであるケルト王女でした。

数世紀前、中世にアンディノスと呼ばれる若者たちのグループがあり、彼らは快適さ、光、知恵、愛の言葉を携えて村から村へと歩いていました。彼らは両親を戦争、飢饉、病気で亡くしたかあるいは単に捨てられた、非常に若い女の子や男の子でした。彼らは通りに住んでいて、彼らのエネルギー的な親和力のおかげで出会いました。なぜなら彼らは精神的な計画の中で、そのようにプログラムされていたからです。そして彼らは、転生するときに彼らが経験することすべてを知っていました。

彼らが、通りに暮らしながら進む時に、光のガイド達が出会うように仕向けるというようなことが起こっていました。 このようにして大規模なグループが結成されました。彼らはアンディノスでした、これは集まった最初の若者たちの中に現れた光の存在によって与えられた名前です。
彼は彼らの間に現れてこう言いました:「このグループは成長するでしょう。あなた方がまさに団結していることは良いことです、それをしてください。 人々を奮い立たせ、病人を癒し、悲しみに喜びを与え、被災者に希望を、そして影の人々に光を当ててください。すべてを与えて、あなたが持つだろうすべてを与えてください。彼らはあなたがたをAndinos(アンディノス)と呼ぶでしょう。あなた方を祝福する人がいれば、あなたを呪う人もいますが、何ものもあなたがたを揺さぶることも、諦めさせることもできないでしょう」そして彼は消えました。 (Gabriel RLによるノート:私の透視を通して、それが誰であるかを正確に区別することはできませんでしたが、私はそれがイエスであると信じています)。

彼らは村々を歩いて通り、戦いが終わった後の戦場に、住民の数が減った場所の通りに、彼らの神の歌、喜び、平和と、彼らの心の中の奇跡を運びました。

戦場では、特に戦いが終わったときに、彼らは傷ついたを戦士を保護し、彼らの傷を癒し、そして平和と愛の生活に向けて彼らを鼓舞しました。
それらの戦士たちの多くは、彼らがどこから来たのか、そしてなぜ彼らが彼らの面倒をみたのかさえ知らなかったのですが、愛に満ちた若者たちによって深く心を動かされて泣きました。家族、親戚、友人がいないこれらの戦士の多くは、心に触れたときにこれまでの人生を離れてアンディノスに加わり、彼らをあらゆる肉体的暴力で苦しめることを防ぐために、彼らの受託者になりました。

アンディノスは提供されたものを食べて飲み、 星空の下で、石を枕に、木の葉を毛布にして寝て、そしてとても幸せでした。彼らの心からたくさんの優しさと純粋性が放射されました。彼らは洞窟の中に集まり、翌日のために歌い力を固めました。あるいは、彼らが森の真ん中にいる時には、光の存在が彼らのうちの一人の霊媒を通して現れ、慰めの言葉をもたらし、彼らの美しい仕事を続けるように彼らを鼓舞し、絶えず天国によって見守られていることを保証しました。そして確かに彼らは…

彼らは非常にシンプル(単純で易しい)だったので、多くのアンディノスは村から放り出されました。 村長の中には彼らを危険だと見なした人もいました。というのもこれらの若者の多くは強力な魔術師であり、大きな精神的エネルギーに携わり、人々が怖がるような霊媒的な現象を引き起こしていたためです。

彼らがある村にやって来て大変な病気の人を助ける場合、しばしば癒しの儀式の中で、彼らはそれらの人々に知られていない神聖な歌を歌いました。 彼らが歌ったとき、彼らとその病人の周りに「どこからともなく」光が現れ、まるで彼らの上を飛んでいる物(地球外の船)があるかのように突然風が吹いて、騒音がしました。

これが多くの人々を怖がらせ、この若者たちのグループの噂が広まりました。彼らに会いたいと思った人もいれば、遠く離れていたいと思った人もいました。

この若者たちのグループは、彼らの癒しと変容現象において、彼らに刺激を与え、助けてくれたプレアデス 人と直接接触しました。彼らがどこへ行っても、プレアデス の船はほとんどの人たちの目に見えないように、全ての彼らの表現において多くの霊媒技量を与えられたこのグループの若い人々の一人にさえ見えないようにして、彼らについて行きました。

この若者のグループのニュースは別の村や王国に広がり、何人かの若い王子や王女はアンディノスの物語に魅了されました。 これらの王子や王女の何人かは彼らの王国から逃げ出して彼らに加わり、すべての美しい品物と富を自ら剥ぎ取り、それらの若者たちと一緒にシンプルな生活を送りました。

当然のことながら、これらの王子と王女は、「アンディノス」ミッションのためにやってきたこのスピリットのグループの一部でした。確かに、快適さと豪華さの王国はありませんでしたが、彼らがミッションを達成できるようにするのは豪華さと快適さではありませんでした。彼らのハートは彼らがしなければならないことをよく知っていました。
アッシジのフランシスという素晴らしい例があります。彼はハートに従うために、すべてを手放しました。 彼ら、これらの王子と王女は同じことをしました。

これらの多くの王子と王女の中に、バタヴィア部族の王女であるアルヘラと呼ばれるケルトの王女がいました。 彼女は反抗的と見なされた王女でした、なぜなら彼女は父親の行動に耐えられなかったからです。彼女の父親は戦闘において、そして囚人に対して、非常に非人道的でした。彼は囚人を縛り付け、虐待しましたが、彼女は彼らを解放し食べ物を与えました。

反逆者は、父親のアゲルスから呼び出されたとき、彼女が非人道的で、不当で、卑劣で愚かであるとみなした誰であっても何に(対して)でも、時には重い結果を払ったとしても立ち向かいました。 彼女は16歳の美しい少女でしたが、この惑星地球の古いベテランのスピリッツの頭を持っていました。

父親から激しい報復を受けても、彼女は頭を下げずに言いました:「私のハートが語ることを私は行います。ある男や女、それがどれほど私に近い人、父よ、あなたであっても、私が自分の中で感じていることから私を引き離すことはできません。」

アンディノスの物語がアルへラの耳に届きました、そして彼女は彼らを訪問することを計画して幸せでした。 彼女の両親はそれを知り激怒し、彼女に訪問しないよう言いました。

言葉は虚無に投げ込まれ、彼女が何かを欲したとき、それを防ぐことはできませんでした。 結果がどうなるかは問題ではありませんでした。 最初の機会を捉えて、彼女は王国を去って彼らのところに行き、非常に快く迎えられました。そして、彼女はアンディーノの一人になりました。 彼女は天国からのメッセージを運ぶ媒体(合同媒体)であり、仲介状態でメッセージを残したいと思った多くの光の存在を受け入れ、同様にそして愛と 光の王国で指導を受けたがった闇の兄弟達も受け入れました。

アルへラは残りの人生を彼らと過ごしました。 彼女の両親は説得しようと彼女に近づこうとしました、しかし彼らが娘がいた場所に近づいたとき、彼らは彼らを驚かせ無目的にさせるエネルギーに襲われました。 彼らは完全に迷いました。 彼らは何をしているのか、なぜそこにいたのかがわからず混乱しました。 毎回家に帰って、混乱して、もう一度試すと約束しました、しかし何度試みても結果は同じでした。

アルへラはアンディノスの指導者の一人となりました。 彼女はいつも彼らから愛され、いつまでも一緒にいることを約束し、それ以来彼女はそうしてきました。

アンディノスは、銀河とそれを超えるさまざまな部分からやってきた存在です。 エネルギーの親和性により、彼らはどこにいても、振動や非常に類似したアイデアに引き付けられ続けます。

アルへラは多くの王子と王女に同じ親近感を感じ、常に彼女が持ってきた彼女の王女の服を着て宮殿に入るのに使いました。

非常に尊敬される人物として、彼女の入場は許可されました。 彼女は王子と王女達に近づき、彼女と彼女のグループに加わるように彼らを招待しました、そして多くは、躊躇することなく彼女と一緒に逃げました。

アルへラは強い性格で非常に迫害もされましたが、彼女は常に優れた部隊と彼らのグループに加わった戦士によって守られていました。

アルケラには、他の星系での足跡や顕現があります。 プレアデス星団とシリウスの他に、彼女はアンドロメダ、アルファケンタウリ、タウチェティ、オリオン、アルクトゥルス、ベガ、天秤座、魚座、ローカル太陽、火星、および地球上で知られている、または知られていない他の多くの星系にいました。

彼女はまた、Arkarent 1を維持するために、PVSEのアバターであるAlfeusのグループ化にも取り組みました。

Arkarent 1は「小さな磁気宇宙」です。 Kryonの出身地である磁気宇宙であるQuadril 5の主な機能は、他の宇宙に磁気を伝達し、すべての銀河が持つ磁気帯を調整することです。

Quadril 5は最も古い宇宙です。 したがって、Arkarent 1は、Quadril 5のローカルユニバース(Nebadonと呼ばれます)内の(Quadril 5ユニバースの次元と比較すると)小さなコピーです。

それはこの宇宙へのQuadril 5エネルギーの再伝達のためのポイントです。 Arkarent 1は Lyra星座に近く、非常に強力な環境です。 物質はそこでは凝縮しません。

アルへラはまた、他の多くのシステム、既知および未知の陸域にも存在していて、地球表面のアンディノスグループの柱の1つです。 彼女は数多くの銀河戦争に参加しました。 これらの戦争で、彼女は彼女の甘さ、優しさ、そして多くの愛を使って多くのトラウマを抱えた存在の回復を助け、トラウマ後の回復システムにエレクトラのエネルギーをアンカーし、安全を確保するために彼女の生来の能力を「貸しました」。

彼女はまた、戦士の一人としてカイエルとコイエル運動に参加し、それに反対した人に対してこのフォースを守りました。

アルへラは文明の始まり以来、地球平面にいくつかの足跡があります。これは、スメリア、アトランティス、レムリア、古代ギリシャ、古代ローマ、そして中東の多くの地域で、イエスの時代にはイスラエルでした。 メキシコ、時にはフランス、インド、中国、中南米、ポルトガル、その他の中世ヨーロッパの多くの場所。 彼女はフランス、ドイツ、古代エジプトでファラオアメノフィス3世の治世下にいました。 彼女はまた、EquitumansとTumuchysとして知られていました。 彼女はまたマヤ族の中にも住んでいました。

マヤ文明は、メキシコのユカタン半島にある地球の豊かで重要な文明の1つであり、原子エネルギーを幅広く制御しながら、今日よりも物質的および科学的に優れた発展をしていました。

エネルギーチューブでいっぱいの特別なスーツを着て全方向に飛んだ「バードマン」がいました。 マヤ人の間で、偉大な賢者はカペラから直接指示を受け、「直接の声」を聞き、そして偉大な現象を実行しました。 その時、彼らにカペラのエネルギーを投射している大きな Amacês(母船)が飛んでいました。 これらの船は、人間に危険を及ぼす特定の動物のいない地域を維持し、彼らはまたインストラクションも運びました。 ただし、常に中性子を通過することなくそうしました(用語集を参照)。

ある時点で、野心のエネルギーに包まれ、無許可の方法でそのテクノロジーにアクセスすることを目的としたグループが、Amacêsの1つを捕獲することを計画しました。 ムーブメントでは、この母船は自動防衛システムを備えており、非常に強いエネルギーを放射し、その結果、すべてのその文明の崩壊が引き起こされました。 インディオは、マヤの人々とのそのイベントの後、その都市を引き継ぎました。

テオティワカンでは、羽のある蛇の神殿と呼ばれるピラミッドが建てられました。これは、無数の蛇の頭があるため、古代の人々がすでに使用していたように、クンダリーニの象徴として象徴されています。 建物自体の性質は石でしたが、他のよく知られている太陽と月のピラミッドものとは明らかに非常に異なっていたため、2つの異なる時代に使用された技法の大きな違いに気付くでしょう。

新しい時代の始まりとなる、地球のサイクルの終わりについてのさまざまな起源の多くの文書があります。 ヨハネの黙示録の後、最も興味深い文書の1つは、マヤ天文学が残したものです。

このなかでは、現在の時代が紀元前3113年の金星の誕生から始まり、2012年12月に終わり、5125年のサイクルを締めくくると考えられています。このサイクルは、地球にエネルギーの信念な変動を引き起こした多くの動きで終わりました。 これらの動きは人類と地球の気候条件に大きな影響を与えており、新しい食糧生産方法ときれいな水をもたらし、地球の磁気と核システムを変化させ、地球の自転軸にも実質的な変化を引き起こしています。

マヤは、太陽黒点の成長と減少によって生成される変動についての知識により、完全に太陽に基づいて260日という聖なる年を計算しました。 黒点のサイクルは68.301日であり、20サイクル(1,366.020日)後、太陽の磁場が傾斜し、地球がこの動きに伴って、その磁気軸を太陽に合わせることがわかります。 これにより、地震、火山噴火、津波、その他の自然現象が引き起こされ、最終的には人間とその都市、畑、食料生産地域に影響を及ぼします。 最新の設備を備えた現在の科学は、マヤの計算が彼らの研究で見つけた1,366.040日に非常に近いことを示しています。(訳注、太陽黒点のサイクルの計算上の違いは約3.7年周期の間に約58分)

この惑星での彼女の多くの生活の中でアルへラは、司祭、教区司祭、収税人、ヒーラー、ジプシー、マスター、奴隷、探検家、傭兵、戦士、ビルダー、原子科学者、数学者、哲学者、天文学者、戦士、アマゾン、発明家、 白魔女、顧問、奴隷制度廃止運動家、政治家、戦争の英雄、その他多くの人物であり、常に意識の拡大に必要な経験を生きています。

彼女は、この顕現を物理的な地球平面に固定するプロセスを妨げる虚栄心に陥らないようにするために、愛と単純さをもってこの情報を受け取るために光の力によって呼び出されます。 より高次の領域への多くの愛とつながり、このすべての情報があなたの心の中で積極的に反響するように求められます。 これらは神のインスピレーションの源となり、あなたの存在に放射状に広がり、複数の接続のためのチャネルを開き、フィールドのロックを解除し、地球の表面上でより高い存在状態に導きます。 Chantを使って毎日調整するように呼びかけるてください、常に同時に送信します。可能であれば、好ましくない環境にいる場合は心の中で実行してください。 これは強力な規律の勢い(モメンタム)を生み出し、ベールを外すのに役立ちます。

偉大な「アンディノス」運動が作成され、地表面とアルへラに固定されます。この瞬間にケルト王女が化身し、PVSEで動作します。 彼女は瞑想を通して呼ばれ、あなたの意識を地球計画の上部と下部のアストラル領域に投影します。 アンディノス運動が再び活発になり、キーパーとしての地位を再開し、これらの天の力を固定するようにガイドされたと感じる人はそれを行うことができます。

アンディノスの心に響くエネルギー、忠誠心、信仰、寛大さ、優しさ、勇気、名誉、誠実さ、そしてすべての美のこの美しさをサポートするために呼ばれています。 地球表面を代表する力であるプレアデス星系のエレクトラ星の光とのつながりのためにも呼ばれました。
覚えておいてください、親愛なるアルへラ、あなたにはすべてのプレアデス人、特にあなたの星、エレクトラのサポートがあります。 これが伴う大きな責任をいつも思い出してください。 あなたの子孫、魔法、そして天国の送信者である力を思い出してください。単に目を閉じて、調整し、天界の声を伝えることができます。 あなたの目覚めを待ち望んでいたあなたの人々、アンディノスを抱きしめ、グループでの立場をとることを思い出してください。 その瞬間がやってきました! ありがとう! アレルイア! 行って、彼らを集めて、遺産を手にしてください!

彼女のモットーです「私はアルへラ、ケルトのプリンセス(ファランジュのメンバーの場合、あなたの宇宙または個人の名前を言う)」、私はアンディノス、私は忠誠心、信仰および平等です!私は奉仕の準備ができています!」

〜〜〜

アルヘラ、ケルトのプリンセスの目覚めに乾杯🙂